beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

実力派SBがSH転向。帝京MF山川高輝はライバルとともにサイドの攻防制して「必ず全国大会に」

このエントリーをはてなブックマークに追加

帝京高のMF山川高輝はこの一年で公式戦の経験を重ね、より幅広い仕掛けのできる選手に

[2020シーズンへ向けて](※帝京高の協力により、アンケート形式で取材をさせて頂いています)

 実力派SBが、新ポジションでのチャレンジをスタートさせている。東京の伝統校、帝京高山川高輝(3年)は「前線での相手が嫌がる守備だったり、1試合通して走り切る事は武器だと思っています」という特長を活かし、昨年から右SBで先発出場。今年は一つ前のSHにポジションを移している。

 山川にとってのライバルは、チームメートの高速SB本山大器(3年)だ。昨年、ポジションを争ってきた本山は現在、強力コンビを結成するパートナーに。「(本山は)去年からポジション争いをしていて、個人としてもとても刺激になったし、成長できたと思っています。今は自分がサイドハーフをやっていて、同じサイドを組んでいてとても助かっています」という。

 目標とする選手にSB内田篤人(鹿島)を挙げる山川は、登録身長165cmと小柄だが、FCトリプレッタジュニアユース(東京)時代から走力と狭い局面で見せる技術力、ボール奪取力の光る右SBだった。そして、瞬時のキレで相手を振り切り、正確なクロスでチャンスを演出。プリンスリーグ関東に所属する帝京でも信頼を得た山川は2年時に出場機会を増やし、同リーグ後期の横浜FCユース戦で初ゴールを決めるなど、この一年では特に攻撃面での成長を実感している。

「サイドでボールを持った時に相手をドリブルで抜けることができるようになり、ドリブルで抜いたり、味方とワンツーで裏に飛び出したりと、プレーの幅が広がったことが自分自身成長を感じています」とコメント。今年は「ライバル」本山と連係しながらその成長した部分をSHで発揮し、どんな相手でもサイドの攻防を制していく。

 そして、今年の目標について「この1年、個人としては、まず試合に出続けて、チームに必要な選手になりたいです。チームとしては、1試合1試合を大切にして、必ず全国大会に出場できるように頑張りたいです」と宣言した。

 帝京は新型コロナウィルス感染拡大の影響で休校中。昨年、インターハイ代表決定戦(対大成高)で先発出場し、選手権予選決勝の國學院久我山高戦もベンチ入りしている山川はいずれも惜敗した悔しさを知っている。それだけに、インターハイ中止やプリンスリーグ関東開幕が延期になっている状況を「とても楽しみにしていた分、悔しいところもあります」と説明する。それでも、今できることを実行するだけ。「この期間を成長できた期間だったと思えるように、日頃から体幹トレーニングや、筋トレをしています」という山川は、目標達成のために成長を遂げて開幕を迎える。

(取材・文 吉田太郎)

TOP