beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

死因コロナから一転、トルコ人DFが自首…5歳の息子を殺害した驚きの動機

このエントリーをはてなブックマークに追加

トルコのサッカー選手が5歳の息子を殺害

 トルコ人のサッカー選手が5歳の息子を病院で窒息死させたとして逮捕された。イギリス『ザ・サン』など複数メディアが報じている。

 逮捕されたのは32歳DFのジェブヘル・トクタシュ。2007年から2009年までトルコ1部のハジェッテペでプレーし、現在は4部のブルサ・ユルドゥルムに所属していた。

 トルコメディアによるとトクタシュは4月23日、高熱と呼吸困難に苦しんでいた息子を病院に連れて行ったという。新型コロナウイルスに感染している可能性があったため、医師は父親と息子を一緒に隔離。その日の夜遅くに、トクタシュが息子の容体が悪化したとして助けを求め、息子は集中治療室に運ばれたが、2時間も経たずに亡くなった。病院は死因を新型コロナウイルスと記録したという。

 ところが息子の死から11日後、トクタシュは地元の警察署を訪れ、自分が息子を殺したと自首。地元メディアによれば、次のように供述しているようだ。

「私は仰向けに寝ていた息子に枕を押し付けた。15分間、枕を持ち上げることなく、押し付け続けた。息子はその間もがいていた。息子が動かなくなってから私は枕を持ち上げた。それから私は疑惑を持たれないように、医師に助けを求めるように叫んだ」

 息子の死後、SNSに生前の写真を掲載して突然の別れを悲しんでいたトクタシュだが、殺害した唯一の理由は「生まれた時からずっと息子を好きではなかった」ことだった。

 トルコ当局は検死のため、埋葬された遺体を掘り起こすよう命じているようだ。トクタスは近親者の殺害の罪で裁判にかけられ、有罪判決を受けた場合は終身刑になると見られている。

●トルコ・スーパーリーグ2019-20特集
●長友佑都の試合はDAZNで!!“初月無料”独占配信中

TOP