beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[蹴活生ガイド2020(関西)]一般入部、Cチームから守備の要へ。関西学院大DF太田晃輔「関西で圧倒的な力を示したい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

関西学院大のDF太田晃輔はブレずにプロ入りを狙う

「自分は有名でもなければ、注目されている選手でもない」。関西学院大のDF太田晃輔(4年=長崎南山高)は、きっぱりとそう言い張る。高校時代から名の知れた選手やスポーツ推薦で入学した実力者がAチームを占める中、彼は数少ない一般入部の選手。183cmの高さを活かした競り合いの強さや、ゴール前で身体を張った守りが目を惹くCBで、最終学年を迎えた今年は守備の要として期待される。

 高校時代の監督の勧めによって、指定校推薦で関学に入学した太田だが、スタメンに登り詰めるまでの道のりは決して順調ではなかった。入学当初は一番下のカテゴリーであるCチームからスタートしたが、「周りは名の知れた選手ばかり。最初は驚きや戸惑いばかりだった。苦しくなると覚悟はしていたけど、想像していた以上だった」。当時同じカテゴリーだった選手には、後にJ2琉球に加入したMF大塚翔ら技巧派が多く、「常に上のレベルの人たちとやっていたので、何とかついていこうとただガムシャラにやっていた。負けたくない気持ちがあったし、根拠はないけどやれるという自信もあった」と振り返る。

 実力以外のハードルも存在し、太田が専攻する総合政策学部は、神戸三田キャンパスに拠点を置く。サッカーグラウンドがある西宮上ケ原キャンパスまで1時間以上かかる場所にあるため、練習に参加できない日も少なくなかったが、練習やIリーグで懸命にアピール。「ピッチ外で真面目に頑張れる選手。練習の準備もちゃんとしていて、サッカーにかける想いを感じる」と評価する高橋宏次郎監督に引き上げられ、チーム内でのカテゴリーを上げていった。

 昨年はAチームにまでたどり着いたものの、リーグ開幕前はスタメンの機会は少なかった。シーズンが始まってからも、ベンチを温める時間が続いたが、太田はブレない。「ずっとプロになりたいと意思をブラさずにやってきた。せっかくチャンスがあるなら、誰もが認めるくらい結果を出してやろうと思った」とアピールに励み、第4節の京都産業大戦でスタメンデビュー。第6節の近畿大戦では初ゴールも記録し、チームに欠かせない存在になっていった。

 最終学年を迎えた今年は、幼少期からの憧れだったプロ入りを掴み取るために重要な一年だ。「関西で圧倒的な力を示したい」と意気込む太田は、Jクラブとの練習でも競り合いや対人の強さで手応えを掴んでいた。それだけに、前期リーグが中止となりアピールの場が減ったのは痛手だが、「こういった事態になると思っていなかったので、戸惑いや焦りは少なからずあるけど、あまり悲観的には考えていない。この期間にどれだけ自分を追い込んで、周りとの差を埋めたい」と前を向いて自主練に励んでいる。活動再開した後は、より強く逞しさを増した太田の姿が見られるはずだ。

※この連載は、各チーム承諾の上、「蹴活生」たちに電話取材しています。

執筆者紹介:森田将義(もりた・まさよし)
1985年、京都府生まれ。路頭に迷っていたころに放送作家事務所の社長に拾われ、10代の頃から在阪テレビ局で構成作家、リサーチとして活動を始める。その後、2年間のサラリーマン生活を経て、2012年から本格的にサッカーライターへと転向。主にジュニアから大学までの育成年代を取材する。ゲキサカの他、エル・ゴラッソ、サッカーダイジェストなどに寄稿している。

▼関連リンク
蹴活生ガイド2020(関西) by 森田将義

TOP