beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

10年以降のインハイ滋賀県代表成績_注目2年生の14年・野洲とMF山本悠樹擁した15年の草津東がベスト16

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年は近江高が初の初戦突破を目指した。(写真協力=高校サッカー年鑑)

[2010年以降のインターハイ滋賀県代表校成績]

 2010年以降のインターハイ滋賀県代表では14年の野洲高と15年の草津東高のベスト16が最高成績だ。MF平石健祐(現守山侍2000)や2年生MF林雄飛(現FCマルヤス岡崎)、昨年まで高知ユナイテッドSCでプレーした2年生ドリブラーFW村上魁を擁していた14年の野洲はPK戦で初戦(開志学園JSC高)を突破すると、2回戦もFW田畑翔伍(現TV Velbert 1870)の2ゴールなどによって徳島市立高(徳島)を4-1で破った。初のインターハイベスト16を果たしたが、広島皆実高(広島)との3回戦では1-3で敗戦。0-3から村上のPKで1点を返したものの、反撃はこの1点のみだった。

 15年の草津東は初戦(盛岡商高)から注目MF山本悠樹(現G大阪)が躍動。2得点1アシストの活躍で初戦突破へ導くと、2回戦でも山本悠の2アシストから三田学園高(兵庫2)を2-0で破っている。3回戦ではFW高橋晃平(→関西大)のドリブルや山本悠のスルーパスでチャンスを作り、山本悠のアシストからDF宮迫晶矢が3試合連続ゴールを決めたが、PK戦の末、立正大淞南高(島根)に敗れている。

 草津東は10年と12年、18年にも出場。GK村上昌謙(現福岡)がゴールを守った10年大会は立正大淞南に2-4で撃ち負け、12年大会も丸岡高(福井)に競り負けた。また、MF栗山高季(現神戸大)やMF山本佳輝(現関西学院大)を擁した18年も高川学園高(山口)に1-2で敗れている。

 野洲は11年と13年にも出場した。2年生の10番MF望月嶺臣(現ヴィアティン三重)やFW飯田貴敬(現京都)がピッチに立った11年は望月の開始1分弾で先制したものの、神村学園高(鹿児島)に逆転負け。13年は韮崎高(山梨)にPK戦で敗れた。

 この10年間では16年に綾羽高、17年には近江高がそれぞれ初出場。現流通経済大のCB野々村鷹人を擁した16年の綾羽は、星稜高(石川)に食い下がったものの、0-1で惜敗した。また、FW槙山佳佑主将(現関西大)ら1、2年生軍団で臨んだ17年の近江も、初戦で東海大熊本星翔高(熊本)に0-2で敗れた。近江は19年に2度目の全国出場。だが、大分高(大分)に敗れて初白星を挙げることはできなかった。 

以下、10年以降のインターハイ滋賀県代表校成績 ※()内は出場回数

[2019年]
代表校:近江高(2)
1回戦 0-2 大分高(大分)

[2018年]
代表校:草津東高(13)
1回戦 1-2 高川学園高(山口)

[2017年]
代表校:近江高(初)
1回戦 0-2 東海大熊本星翔高(熊本)

[2016年]
代表校:綾羽高(初)
1回戦 0-1 星稜高(石川)

[2015年]
代表校:草津東高(12)
1回戦 4-1 盛岡商高(岩手)
2回戦 2-0 三田学園高(兵庫2)
3回戦 1-1(PK2-4)立正大淞南高(島根)

[2014年]
代表校:野洲高(5)
1回戦 1-1(PK5-4)開志学園JSC高(新潟)
2回戦 4-1 徳島市立高(徳島)
3回戦 1-3 広島皆実高(広島)

[2013年]
代表校:野洲高(4)
1回戦 0-0(PK3-4)韮崎高(山梨)

[2012年]
代表校:草津東高(11)
1回戦 2-3 丸岡高(福井)

[2011年]
代表校:野洲高(3)
1回戦 1-2 神村学園高(鹿児島)

[2010年]
代表校:草津東高(10)
1回戦 2-4 立正大淞南高(島根)

現G大阪のMF山本悠樹は15年大会で活躍し、ベスト16。(写真協力=高校サッカー年鑑)

14年大会、野洲高の強力ドリブラーFW村上魁が突進。(写真協力=高校サッカー年鑑)

※禁無断転載(C)高校サッカー年鑑、ゲキサカ


●【特設】高校総体2020

TOP