beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

気にせずにシュート放てないロイス…今季復帰は絶望の可能性

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドルトムントMFマルコ・ロイス

 ドルトムントMFマルコ・ロイスの今シーズン中の復帰は絶望的なのかもしれない。『キッカー(日本語版)』が伝えている。

 ロイスは2月4日に行われたDFBポカール(国内杯)3回戦のブレーメン戦に先発出場。後半42分にシュートを放った際に右足の付け根あたりを痛め、44分にMFエムレ・カンとの交代を余儀なくされ、検査の結果、筋肉の損傷と判明。ドルトムントは練習復帰まで4週間ほどかかることを発表していた。

 5月16日にはブンデスリーガが再開されたものの、シャルケと対戦したドルトムントのメンバーにロイスの名前はなかった。『キッカー』によると、ロイスは今もチームの練習に参加できない状況が続いており、26日の首位バイエルンとの大一番にも間に合うことはなさそうだ。

『ビルト』によると、「気にせずに右足でシュートを放てない」状態というロイスはこのまま今シーズンを終える可能性があるという。

●ブンデスリーガ2019-20特集

TOP