beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

選手権で全国の猛者封じ込んだ田邉秀斗。最注目SBはアシスト増加し、より静岡学園を助けられる選手へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

静岡学園高の注目SB田邉秀斗は今年、アシストを増加し、よりチームを助けられる選手に。(写真協力=高校サッカー年鑑)

[2020シーズンへ向けて](※静岡学園高の協力により、電話取材をさせて頂いています)

 チームは昨年度の選手権覇者。個人でもレギュラーとして日本一を経験し、U-18日本代表、日本高校選抜に選ばれた。静岡学園高(静岡)のDF田邉秀斗(3年)は複数のJクラブが関心を寄せている大型SBだ。
 
 高校ラストイヤーは、王者のリーダー格として戦う一年。だが、特別な力みはないようだ。田邉は「(新チームが)少しでも良くない試合をしてしまうと評価がすぐに下がってしまう。でも、気負いせずにということはチームの中でも話している。(先輩たちが日本一に輝いたが)『自分たちは、自分たちだから』と話しているので、そこは静学のスタイルを変えずに、どのチームに対してもボールを支配して戦いたいです」。まずは静学スタイルを磨き上げること。新型コロナウイルスの影響で静岡学園は休校中だが、焦らず自分たちができることに取り組んでいくだけだ。

 部長の齊藤興龍コーチからも「今は耐える時期だ」という言葉を受けており、遠隔授業から日常生活に戻している最中だ。学業から日常に近づけていけば、サッカーが再開された際にしっかりと入っていけるという考え。だからこそ、田邉は日々の勉強を大事に、その上で自主練を一日もサボることなく続けている。

 昨年、田邉にとって飛躍の一年だったことは間違いない。他の高校生右SBにはない高さとスピードを武器に全国舞台で力を発揮。「試合になると、1対1とか守備の時は自分のサイドからは抜かれないかなという気持ちが正直ありました」と振り返るように、全国クラスのサイドプレーヤーを封じ込んできた。

「あまり普段抜かれなかったので1回抜かれた時は目立ってしまう。(川口修)監督には『1回も抜かれるな』と言われていました」というほど。その言葉に応え、選手権で準決勝まで5試合連続無失点、静岡学園にとって24年ぶりとなる全国制覇に貢献した田邉は、左SBでプレーする機会が多い今年も貪欲に“対人全勝”を求めていく。

 元々期待の強力CBだった田邉は昨年、プリンスリーグ東海開幕時に左SB、夏明けからは右SBを務めた。1年間SBとしてプレーしたことによって、試合の流れを読むことや味方、相手の状況に気を遣う部分での成長も実感している。昨年はMF松村優太(現鹿島)やMF小山尚紀らコンビを組んだ選手によってパスの質や攻め上がりのタイミングを変えてプレー。また、技巧派軍団・静学で自身の技術面もレベルアップさせてきた。

「まだトップチームの中では全然技術は低い方ですし、(川口)修さんにも『技術が低い』と言われているので、そこは卒業するまでにどんどん磨いて行こうと思います」と納得しておらず、スピードを活かした突破で深く切れ込んだ後のクロスも課題となっている。だが、日本一を達成した後も慢心することなく技術面、クロスの向上を目指す日々。新型コロナウイルスによる活動休止前の紅白戦などではスピードのあるクロスからアシストする回数を増やすなど、徐々に質を高めている。

 最終学年はCB起用のプランもあるが、「SBの楽しさを知ってしまった」田邉は現在、SBでのプレーをイメージしながら練習再開、シーズン開幕を目指している。そして、「バックラインから自分でグイグイ前に運んで、サイドの人と良いコンビネーションをして、今自分の課題になっているんですけれども良いクロスをFWに上げて、アシストできるような選手になりたいです。目標は(クロスのスペシャリストである)リバプールのアーノルド選手です。あのくらいの武器を一つ持っていると凄いと思うので」と意気込んだ。

 昨年は、年代別日本代表の先輩MF松村が徹底マークされる姿を見てきた。「それでも松村さんは2、3人抜いてアシストしたり、点を取ったりという選手だったので、そのくらいのマークには負けじと、自分も怯えずにやっていきたい」と田邉。素走りでは高速アタッカー、松村にも負けないスピードを誇る田邉は今年、相手の警戒を上回るような突破と成長中のクロスで味方のゴールを何度もお膳立てする。

 昨年、選手権で日本一に輝き、注目度を高めたが、本人は謙虚に「自分は試合で活躍できたかというと全然活躍できていなくて、ほとんど3年生に助けてもらったかなという思いです」。自信を持っていた守備面も、今年1月のU-18日本代表スペイン遠征でまだまだ上がいることを知った。だからこそ、止まることなく成長を続け、今年は自分がチームを助ける選手になって、目標の全国連覇へ。最注目SBは力みすぎることなく、一日一日を大事に積み重ねて、その成果をリーグ戦や選手権予選、全国大会で披露する。

(取材・文 吉田太郎)

TOP