beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

10年以降のインハイ兵庫県代表成績_選手権V世代の滝川二が夏も全国準V

このエントリーをはてなブックマークに追加

19年は三田学園高が出場したが、PK戦で敗れた。(写真協力=高校サッカー年鑑)

[2010年以降のインターハイ兵庫県代表校成績]

 2010年以降のインターハイ兵庫県代表の最高成績は10年大会で滝川二高が記録した準優勝だ。2回戦から登場した滝川二はFW浜口孝太(→青山学院大)の決勝点で室蘭大谷高(北海道2)を1-0で撃破。3回戦で地元・那覇西高(沖縄1)を2-0で破ると、準々決勝ではルーテル学院高(熊本)に2-1で逆転勝ちした。そして準決勝ではエースFW樋口寛規(現福島)の3得点と浜口のゴールによって西武台高(埼玉1)を4-0で破り、初の決勝進出を果たした。市立船橋高(千葉2)との決勝はMF谷口智紀(現沼津)のアシストから浜口が決めて先制したものの、同点に追いつかれ、延長戦の3失点で逆転負け。だが、浜口と樋口のダブルブルドーザー、谷口やMF香川勇気(現大分)、CB土師直大(→明治大)を中心にその悔しさを同年冬の選手権で晴らし、日本一を勝ち取っている。

 滝川二は13年と地元開催の15年でも8強。13年大会はエースFW谷本優(→大阪教育大)の決勝点によって開催地代表の東福岡高(福岡1)を破るなど勝ち上がったが、準々決勝で真岡高(栃木)にシュート19本を浴びせながらも1点を奪えずにPK戦で敗れた。15年大会はMF田中聖也(→京都産業大)の劇的な同点ゴールで息を吹き返して創造学園高(長野)をPK戦で下すと、続く帝京三高(山梨)戦も試合終盤に追いついてPK戦で勝利。粘り強い戦いで上位に食い込んだ。滝川二は選手権で優勝した翌夏のインターハイにも出場。2年生MF高畑智也(元相模原)らを擁していたが、初戦で静岡学園高(静岡)にPK戦で敗れた。MF持井響太(現明治大)がエースを担っていた16年大会は、長崎総合科学大附高(長崎)を破ったが、3回戦で敗退している。

 12年大会に出場した神戸科学技術高はDF溝端正輝の2発などで大分高(大分)に逆転勝ち。2回戦でも大阪桐蔭高(大阪1)と2-4の打ち合いを演じた。三田学園高は地元開催だった15年大会に初出場。MF西殿悠太(→甲南大)の先制点などによって福井商高(福井)から初白星を勝ち取っている。三田学園は19年大会にも出場したが、初戦で作陽高(岡山)にPK戦で敗れた。

 神戸弘陵高は14年大会で19年ぶりに出場。初戦でFW入谷子龍(→日本文理大)が優勝校・東福岡高(福岡)から1点をもぎ取ったが、失点を重ねて敗れた。神戸弘陵はMF高野裕維(現常葉大)が主将を務めた18年にも出場したが、同じく初戦敗退に終わっている。17年大会にはFW上野輝人(現大阪経済大)らの活躍で公立の市立尼崎高が全国初出場。だが、初戦で高川学園高(山口)に0-1で惜敗している。

以下、10年以降のインターハイ兵庫県代表校成績 ※()内は出場回数

[2019年]
代表校:三田学園高(2)
1回戦 1-1(PK2-4)作陽高(岡山)

[2018年]
代表校:神戸弘陵高(3)
1回戦 0-3 國學院久我山高(東京2)

[2017年]
代表校:市立尼崎高(初)
1回戦 0-1 高川学園高(山口)

[2016年]
代表校:滝川二高(23)
2回戦 1-0 長崎総合科学大附高(長崎)
3回戦 0-4 瀬戸内高(広島2)

[2015年]
第一代表校:滝川二高(22)
2回戦 1-1(PK4-3)創造学園高(長野)
3回戦 1-1(PK8-7)帝京三高(山梨)
準々決勝 0-2 市立船橋高(千葉2)

第二代表校:三田学園高(初)
1回戦 4-0 福井商高(福井)
2回戦 0-2 草津東高(滋賀)

[2014年]
代表校:神戸弘陵高(2)
2回戦 1-8 東福岡高(福岡)

[2013年]
代表校:滝川二高(21)
1回戦 4-0 秋田南高(秋田)
2回戦 1-0 東福岡高(福岡1)
3回戦 2-1 近大附高(大阪2)
準々決勝 0-0(PK7-8)真岡高(栃木)

[2012年]
代表校:神戸科学技術高(4)
1回戦 3-1 大分高(大分)
2回戦 2-4 大阪桐蔭高(大阪1)

[2011年]
代表校:滝川二高(20)
2回戦 1-1(PK2-4)静岡学園高(静岡)

[2010年]
代表校:滝川二高(19)
2回戦 1-0 室蘭大谷高(北海道2)
3回戦 2-0 那覇西高(沖縄1)
準々決勝 2-1 ルーテル学院高(熊本)
準決勝 4-0 西武台高(埼玉1)
決勝 1-4(延長)市立船橋高(千葉2)

滝川二高はFW浜口孝太(11番)とFW樋口寛規の強力2トップを中心に決勝進出。(写真協力=高校サッカー年鑑)

※禁無断転載(C)高校サッカー年鑑、ゲキサカ


●【特設】高校総体2020

TOP