beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アルゼンチン名門で10年前の日本アニメがセンセーショナル巻き起こす! ジャンルはまさかのラブコメ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボカ本拠地が日本のアニメに登場

 アルゼンチンの名門ボカ・ジュニアーズの本拠地であるラ・ボンボネーラが過去に日本のアニメに登場していたとして、現地で話題になっているようだ。アルゼンチン『ラ・ナシオン』が伝えている。

 同紙によると、そのアニメはライトノベルを原作とし、2010年7月から9月にかけて放送された『あそびにいくヨ!』というSFラブコメディ。「来週月曜日(25日)に創立80周年を迎えるボカ・ジュニアーズのスタジアム『ラ・ボンボネーラ』が、全20巻(アニメは全12話)からなる日本のアニメ『あそびにいくヨ!』に登場し、SNS上で瞬く間にセンセーショナルを巻き起こした」と紹介されている。

 記事内には、これを発見したとされるユーザーのツイートも掲載。投稿された動画では実際に数秒の間、ラ・ボンボネーラをモチーフにしたスタジアムの外観や内部の様子がアニメ上に登場している。これを見たボカ・ジュニアーズの多くのファンは好意的な反応を示しているという。


TOP