beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“国体優勝コンビ”がウイイレ世界大会への挑戦権を獲得!!レバ、てす、あるとがアジア予選を突破

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年秋の茨城国体「オープンの部」で優勝したレバ(左)と「少年の部」で優勝したてす

『eFootballウイニングイレブン2020』のコナミ公式大会「eFootball.Open」のアジア予選にあたるアジア地域決勝大会が23日にオンラインで行われ、レバ(@Leva_39)、てす(@tess_aomori)、あると(@Altonish_pes)の3選手が世界大会への挑戦権を獲得した。

 昨年12月に始まったeFootball.Openのオンライン予選では、出場選手がエントリー時にパートナー10クラブ(バルセロナ、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、ユベントス、アーセナル、セルティック、モナコ、シャルケ、ボアビスタ、ナント)の中から1クラブを選択。今年3月のオンライン予選決勝大会で各クラブを代表するプレイヤーが1名ずつ決定し、計10選手がアジア地域決勝大会への出場権を獲得した。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、オフライン大会の予定がオンライン形式に大会方式も変更されたアジア地域決勝大会。予選を突破した10選手が5人ずつ2グループに分かれて総当たりのリーグ戦を行った。

 グループAでは、昨年秋の茨城国体「少年の部」で優勝した現役高校生のてすが3勝1敗の勝ち点9で首位通過。グループBでは、18年のアジア競技大会で金メダルを獲得し、昨秋の茨城国体「オープンの部」でも優勝したレバが2勝2分の勝ち点8で1位となり、“国体優勝コンビ”がアジア代表の座を射止めた。

 各組1位のプレイヤー2名と、各グループ2位同士によるプレーオフの勝者1名の計3選手が決勝大会(世界大会)への挑戦権を獲得するレギュレーション。てす、レバに続く3人目の代表を争ったのが、A組2位のあるととB組2位のうでぃ(@udi_no_mikata)。互いに日本eスポーツ連合(Jesu)のプロライセンスを持つ実力者同士の対戦だったが、あるとが最後の切符を手にした。

 アジア地域決勝大会のPS4部門は日本サーバー、アジアサーバー、ヨーロッパサーバーに分かれて行われており、てす、レバ、あるとの3人は日本サーバーの代表となる。アジアサーバー、ヨーロッパサーバーの代表各3名を含めた計9選手が、7月に開催予定の決勝大会(世界大会)の会場で行われる最終プレーオフに参戦。その上位3名がアジアのPS4代表として決勝大会に出場する。

[グループA]
1.☆てす(マンU)(9)+1
2.★あると(バルセロナ)(7)0
3.Karaage(モナコ)(5)+2
4.Takaki(ナント)(5)0
5.ちりとまと(ユベントス)(1)-3

[グループB]
1.☆レバ(バイエルン)(8)+5
2.★うでぃ(アーセナル)(7)+3
3.エビプール(ボアビスタ)(6)+1
4.moiguru(セルティック)(5)-1
5.まーさん(シャルケ)(0)-8

[プレーオフ]
○あると(バルセロナ) vs レバ(バイエルン)●

●eFootball.Open(ウイイレ)2019-20特集ページ

TOP