beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

イグアインが古巣リーベル復帰を示唆「僕にすべてを与えてくれた…もし引退するのなら…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

イグアインが古巣リーベル復帰を示唆

 ユベントスFWゴンサロ・イグアインが、古巣リーベル・プレートへの復帰を示唆している。

 現在ユベントスとの契約を2021年6月まで残しているイグアイン。本人がアルゼンチンメディア『TyC Sports』に対して「今のところ何が起こるか分からないが…」と前置きしたうえで、古巣リーベルへの思いを明かした。

「リーベルは僕を成長させてくれたクラブだ。そしてレアル・マドリーに移籍するときも快く送り出してくれた。僕にとってすべてを与えてくれたチームだと思っている。(マルセロ)ガジャルドはリーベルを素晴らしいチームに作り上げたね。彼については現役だったころから知っているけど、クオリティ、強さ、あらゆるものをリーベルに植え付けた」

「リーベルに関わったことがある人物が今の彼らを見たら、きっと“なんて素晴らしいチームなんだ!”って感嘆するだろう」

 イグアインは「もし自分が引退するとしたら、その前にリーベルで戻ることも選択肢に入ってくる。あのチームでもう一度プレーしたいと思うことは必然じゃないかな」と続け、古巣リーベル・プレートへの復帰をほのめかした。

 1987年生まれ、現在32歳のイグアインはリーベルの下部組織育ちで、同チームで2007年1月までプレー。06-07シーズン冬の移籍市場でレアル・マドリーに加わり、その後ナポリ、ユヴェントスと渡り歩いた。ミラン、チェルシーへのレンタルも経験したが、今季はユヴェントスに在籍している。

 若手時代にはリーベルで41試合15ゴールをマークしていたイグアイン。本人が古巣復帰をほのめかしていることもあり、今後、古巣に帰還するというシナリオも十分に現実味を帯びているようだ。

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP