beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ドラッグ混入の疑いも…プレミアリーグの某選手に集団レイプ疑惑報道

このエントリーをはてなブックマークに追加

 プレミアリーグの某選手が集団レイプの疑いで訴えられたことが分かった。英『サン』や『デイリー・メール』が伝えている。

 新型コロナウイルスによるロックダウン(都市封鎖)下で、またも事件が起きたようだ。あるプレミアリーグのスター選手が、集団レイプをした疑いで告発されたと報じられた。『Daily Star Sunday』によると、被害女性が裸で目を覚ました際、隣にはサッカー選手がいたという。脚には傷があり、性行為に合意した記憶はないと警察に主張している。

 被害女性に対して、選手は性行為をしたと伝えたという。女性の友人は「彼女はあの夜、ほとんど立っていられないような状態だった。セックスに合意できるような状態ではなかった」と訴えている。

 さらに、同選手が飲み物に“レイプドラッグ”を混入した疑惑も浮上している。女性の友人によると、被害女性はパーティーで飲み物を2杯飲んだ後に意識を失い、一切の記憶がないという。被害女性の様子について、友人は「行動がおかしかった」「彼女らしくなかった」と指摘。事件の翌日、選手がドラッグを混入したという匿名の電話があったことも明かしている。

 事実であれば後に明らかになるはずだが、現段階では選手の身元は判明していない。警察は同選手に事情聴取したかどうかについてはコメントしなかったようだ。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

TOP