beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ブンデス初弾の鎌田大地、ドイツ紙が選ぶベストイレブンに! ”独走”バイエルンからも2選手

このエントリーをはてなブックマークに追加

フランクフルトMF鎌田大地

 ドイツ大手紙『キッカー』が28日、ミッドウィークに行われた第28節のベストイレブンを発表し、フランクフルトMF鎌田大地が選出された。鎌田は26日のフライブルク戦でブンデスリーガ初ゴールを記録。チームは3-3の引き分けに終わったが、2得点に絡む活躍を見せていた。

 4位のレバークーゼンを4-1で破ったボルフスブルクから最多の3人が選出。2位ドルトムントとの“デア・クラシカー”を制し、首位を独走するバイエルンからは決勝ゴールのMFヨシュア・キミッヒ、完封に貢献したDFイェロメ・ボアテングが選ばれた。

 第28節のベストイレブンは以下のとおり。

▼GK
アレクサンダー・シュボロフ(フライブルク)

▼DF
マリン・ポングラチッチ(ボルフスブルク)
イェロメ・ボアテング(バイエルン)
クリスティアン・グロス(ブレーメン)

▼MF
ヨシュア・キミッヒ(バイエルン)
マキシミリアン・アーノルド(ボルフスブルク)
レナト・シュテフェン(ボルフスブルク)
鎌田大地(フランクフルト)
クリストフ・バウムガルトナー(ホッフェンハイム)
ビンチェンツォ・グリフォ(フライブルク)

▼FW
ロウベン・ヘニングス(デュッセルドルフ)

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2019-20特集

TOP