beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

遠藤航が大一番でブンデス初ゴール!! 昇格争い直接対決制し2位浮上

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブンデス初ゴールで反撃の狼煙をあげた遠藤航

[5.28 ブンデスリーガ2部第28節 シュツットガルト3-2ハンブルガーSV]

 ブンデスリーガ2部は28日、第28節を行い、日本代表MF遠藤航が所属する3位シュツットガルトはホームで2位ハンブルガーSVと対戦し、3-2で勝利した。遠藤は15試合連続でフル出場し、今季初ゴールを記録した。

 昇格を争う上位直接対決はアウェーのHSVが先手を取った。前半16分、フィンランド代表FWヨエル・ポーヤンパロのヘディングシュートで先制点。さらに前半アディショナルタイムにもMFアーロン・ハントが左足でネットを揺らした。

 2点ビハインドで前半を折り返したシュツットガルトだったが、後半立ち上がりに遠藤が反撃の狼煙をあげた。後半2分、PA左からDFパスカル・シュテンツェルがFKを蹴り込むと、うまくポジションを取った遠藤が高い打点からジャンピングヘッドで突き刺した。前節移籍後初アシストを記録した遠藤は、これが記念すべきブンデス初ゴールとなった。

 その後2点を追加し、3-2で劇的な逆転勝利を飾ったシュツットガルト。再開後は連敗を喫していたが、5試合ぶりとなる白星をつかんだ。HSVとの昇格争い直接対決を制して勝ち点を48に伸ばし、2ポイント差をつけて3位から自動昇格圏の2位に浮上している。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2019-20特集

TOP