beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

過密日程も好調…原口元気が追撃弾アシスト! ハノーファーは再開後初黒星

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF原口元気が追撃弾をアシスト

[5.30 ブンデスリーガ2部第29節 ザントハウゼン3-1ハノーファー]

 ブンデスリーガ2部は30日、第29節を行い、MF原口元気が所属するハノーファーザントハウゼンに1-3で敗れた。原口は4試合連続で先発し、フル出場を果たしている。

 1週間で3試合目という過密日程の中、原口は連続先発で好調をキープし、前半からチャンスに顔を出す。ハノーファーは0-0で折り返した後半立ち上がりに連続失点を喫したが、原口が得点に絡んだ。後半13分、左サイドからのスローインを受けた原口はグラウンダーのスルーパスを通し、FWヨン・グイデッティのゴールを演出した。

 追撃弾から次の1点を目指したが、前がかりになったスペースを使われ、後半37分にMDフィリップ・ティルピッツにダメ押し弾を許し、万事休す。ハノーファーは1-3で敗れ、再開後初黒星を喫した。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2019-20特集

TOP