beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「誕生日~おめでと~」リバプールFW南野がバースデーソング独唱、ジェラード「ワオ!ありがとう!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW南野拓実がバースデーソングリレーに参加

 FW南野拓実が所属するリバプールは5月30日にチーム練習を実施。その中でクラブのレジェンドであるスティーブン・ジェラード氏の40歳の誕生日を祝うシーンもあった。クラブの公式ツイッター(@LFC)が伝えている。

 新型コロナウイルスの影響によるリーグ中断から約3か月が経ち、プレミアリーグは6月17日からの再開を決定した。リバプールは27勝1敗1分で首位を独走しており、30年ぶりの優勝も間近。チームの雰囲気は最高潮となっている。

 その雰囲気がさらに盛り上がるかどうかはさておき、練習中にチームのレジェンドであるジェラード氏の誕生日を祝う場面も。全員が集結し、クロップ監督のドイツ語のバースデーソングから始まると、選手の母国語によるバースデーソングリレーとなる。南野にその出番がやってくると、南野は「誕生日~おめでと~」と独唱。次の選手へとバトンを渡した。

 現在スコットランドのレンジャーズ指揮官を務めるジェラード氏は31日、自身のインスタグラム(@stevengerrard)を更新。バースデーソングリレーに触れ、「ワオ!本当にありがとう! リバプールはなんてクラブだ」と喜びを伝えている。

 この様子はクラブの公式ツイッター(@LFC)が動画で投稿。南野は約1分25秒過ぎから歌っている。


●海外組ガイド
●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

TOP