beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

キエッリーニ、イタリアの“悪童”三人を比較「バロテッリにはシュートしかない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWマリオ・バロテッリとDFジョルジョ・キエッリーニ

 ユベントスに所属するイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニが、自伝本の中でブレシアFWマリオ・バロテッリを他の“悪童”らと比較した。

 ユベントスで主将を務めるキエッリーニは先日、自伝本を執筆。その中で2013年コンフェデレーションズカップのブラジル戦におけるバロテッリの逸話を明かし、「チームをリスペクトせず、マイナスになる人物。まったく僕らをサポートしてくれず、平手打ちに値するレベルだ」などと痛烈に批判して話題となった。

 その後、両者は『メディアセット』のTV番組『レ・イェーネ』で和解に至ったが、キエッリーニが自伝本の中で、バロテッリと他のイタリアの“悪童”を比較していることが新たに明らかになった。

 ユーベ主将はまず、かつてイタリアを代表する“悪童”として知られたアントニオ・カッサーノと比較。「カッサーノにはサッカーのテンポなど、他の選手と違うものがあったが、バロテッリにはシュートしかない」と述べ、ブレシアFWを酷評した。

 続いてキエッリーニは、昨夏のU-21欧州選手権(EURO)開催中に度重なる遅刻をして懲罰を受けた20歳の元同僚FWモイゼ・ケーンに言及。バロテッリと比較すると、元ユーベFWを擁護した。

「反抗的で管理しづらい若者であるかに見えるが、彼はマリオとはまったく違う。確かにユベントスの下部組織では、何度も懲罰を受けてきた。しかしトップチームでプレーしていたときは、常にチームに対して大きな敬意を払っていることを示していた。たまに目覚ましが聞こえず、遅刻することはあるが、こういった行動は簡単に変えられる」

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP