beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

00~09年のインハイ山口県代表成績_江本主将、得点王FW中原の多々良学園が2度目の3位に

このエントリーをはてなブックマークに追加

大会得点王のFW中原貴之を擁した多々良学園高(現高川学園高)が02年大会で3位に。(写真協力=高校サッカー年鑑)

[2000~2009年のインターハイ山口県代表校成績]

 2000~2009年のインターハイ山口県代表成績は、02年大会で多々良学園高(現高川学園高)が3位を記録している。現高川学園高監督のDF江本孝主将(→福岡大)、大会得点王のFW中原貴之(元仙台)、MF長沼圭一(元横河武蔵野FC)らを擁した多々良学園は、中原の2試合連続3得点の活躍などで3回戦進出。2年生FW林和也の3試合連続ゴールと中原の2得点で青森山田高(青森)を突破すると、鵬翔高(宮崎)との準々決勝でも林のゴールで追いつき、PK戦で勝利した。準決勝は林の5試合連続ゴールで先制したものの、後半終了間際に帝京高(東京1)に追いつかれてPK戦で敗戦。99年に続く3位に入ったが、初の決勝進出を果たすことはできなかった。

 多々良学園は03年大会もベスト8。林の決勝点で青森山田との初戦を制すと、3回戦ではMF藤森正雄(→阪南大)の決勝点とDF河崎祐輝(→福岡大)を中心とした守りで厚木北高(神奈川2)を1-0で破った。だが、準々決勝はMF片山朗(元熊本)のゴールで先制したものの、市立船橋高(千葉1)に3点を奪い返されて逆転負けしている。元千葉のMF伊藤淳嗣が主将を務めた01年大会は中原の2ゴールなどで佐賀北高(佐賀)に撃ち勝ってベスト16に入った。

 多々良学園は04、05、06年にも出場。FWハウバート・ダン(元京都)やMF平間直道(元YS横浜)、MF菅田恭介(→早稲田大)を擁した05年大会は初戦で桐蔭学園高(神奈川2)と3-3の撃ち合いを演じたが、PK戦敗退。だが、同年度の選手権で全国4強に入った。MF齋藤達也(元Honda FC)やGK洞ヶ瀬勇馬(元山口)が2年生だった06年、DF西嶋聡(→愛知学院大)が3年生だった04年も初戦敗退。高川学園に校名を変えた後の08年、09年はいずれも初戦でPK戦の末に敗れている。

 西京高は初出場だった07年大会でベスト16。2年生GK目剣也(→阪南大)がPK戦で活躍して愛産大三河高(愛知1)との初戦を勝利すると、2回戦ではMF牧本卓主将(→国士舘大)の先制ゴールなどで宮城県工高(宮城)を2-0で破った。3回戦では10番FW渡辺悠希が2試合連続ゴールを決めたが、大分鶴崎高(大分)に逆転負けしている。また、00年大会に公立の小野田工高が、5度目の出場。DF永田剛久主将(→国士舘大)中心に勝利を目指したが、奈良育英高(奈良)に0-1で敗れて初戦敗退に終わっている。

以下、00~09年のインターハイ山口県代表校成績 ※()内は出場回数

[2009年]
代表校:高川学園高(18)
1回戦 2-2(PK6-7)丸岡高(福井)

[2008年]
代表校:高川学園高(17)
1回戦 0-0(PK2-4)麻布大渕野辺高(神奈川2)

[2007年]
代表校:西京高(初)
1回戦 0-0(PK5-4)愛産大三河高(愛知1)
2回戦 2-0 宮城県工高(宮城)
3回戦 1-3 大分鶴崎高(大分)

[2006年]
代表校:多々良学園高(16)
1回戦 1-2 日章学園高(宮崎)

[2005年]
代表校:多々良学園高(15)
1回戦 3-3(PK4-5)桐蔭学園高(神奈川2)

[2004年]
代表校:多々良学園高(14)
2回戦 3-4 盛岡商高(岩手)

[2003年]
代表校:多々良学園高(13)
2回戦 2-1 青森山田高(青森)
3回戦 1-0 厚木北高(神奈川2)
準々決勝 1-3 市立船橋高(千葉1)

[2002年]
代表校:多々良学園高(12)
1回戦 4-0 佐賀学園高(佐賀)
2回戦 4-1 境高(茨城2)
3回戦 3-2 青森山田高(青森)
準々決勝 1-1(PK5-3)鵬翔高(宮崎)
準決勝 1-1(PK2-4)帝京高(東京1)

[2001年]
代表校:多々良学園高(11)
1回戦 2-2(PK6-5)膳所高(滋賀)
2回戦 5-3 佐賀北高(佐賀)
3回戦 0-6 帝京高(東京1)

[2000年]
代表校:小野田工高(5)
2回戦 0-1 奈良育英高(奈良)

※禁無断転載(C)高校サッカー年鑑、ゲキサカ


●【特設】高校総体2020

TOP