beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

サッカー選手妻が人種差別投稿→米LAギャラクシー選手がクビになる

このエントリーをはてなブックマークに追加

妻の愚行により、MFアレクサンダル・カタイが契約解除となった

 メジャー・リーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーは5日、セルビア代表MFアレクサンダル・カタイ(29)の妻がSNSに人種差別的な投稿をしたことを受けて、同選手の契約を解除した。

 アメリカでは黒人男性ジョージ・フロイド氏が白人警察官に首を押さえつけられて窒息死した事件を受けて、抗議デモが激化している。『ESPN』などの報道によると、妻テアさんは4日、インスタグラムで「Black Lives Matter」運動を嘲笑い、抗議デモ参加者をセルビア語で「忌まわしい牛」などと侮辱していた。

 この人種差別的な投稿に批判が殺到。クラブは「差別的で暴力的」と強く批判し、即時削除を要求していた。そして5日、公式サイトに「LAギャラクシーはMFアレクサンダー・カタイと契約を解除することで双方合意した」という1行を掲載し、同選手がクラブを去ったことを発表した。

 カタイは自身のインスタグラムで妻の投稿を「容認できない」と述べ、「これらの見解は私とは違い、家族でも容認できない」「私の家族の過ちであり、私が全責任を負う」「この投稿に心を痛めたロサンゼルス・ギャラクシーファミリー、人種差別と戦うすべての人たちに申し訳ない」と陳謝していた。

TOP