beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

市立船橋高の後輩が明かす、清水MF鈴木唯人の高校時代と“ハンパない”一面

このエントリーをはてなブックマークに追加

清水エスパルスMF鈴木唯人は名門・市立船橋高のエースとして攻撃センスを発揮。

 ゲキサカではプロ入り1、2年目選手の高校時代を知る後輩たち(現役高校生プレーヤー)に対して、プロでの活躍が期待されている先輩プレーヤーの高校時代についてインタビュー。彼らのピッチ内、ピッチ外で“ハンパなかった”一面や意外な一面とは?

 今回ピックアップする選手は市立船橋高(千葉)から今年、清水エスパルスへ加入したMF鈴木唯人だ。ゲームメーク力、打開力、そして試合を決める力も備えたマルチアタッカーは2年時に台頭。U-18プレミアリーグ選抜や日本高校選抜、U-18日本代表とステップアップしていった。そして、10番を背負った3年時には、自身の活躍によって名門を全国高校選手権出場へ導いている。

 清水の将来のエース候補、鈴木の高校時代について、ともに後輩で同じ中盤を主戦場とする技巧派MF井原充葵(3年)と攻守の要・MF佐久間賢飛(3年)が教えてくれた。

(※市立船橋高の協力により、アンケート形式で取材をさせて頂いています)

―鈴木唯人先輩の“ハンパない”と感じたところを教えて下さい。
井原「技術レベルとか、スピードとか、全てがハイレベルで凄いと思うのですが、一番は難しいことを簡単に、当たり前のようにやってしまうところが“ハンパない”なと思います」
佐久間「大事なところで点を決めてくれるところです」

―彼を見て驚いた試合があれば教えて下さい。
佐久間「選手権千葉県予選決勝の流経(流通経済大柏高)戦です。やっぱりあの決勝点(こぼれ球に反応し、左足でニアサイドを抜くゴール)は痺れました」
井原「選手権予選の決勝(対流通経済大柏高)です。あの大事な局面(2-2の同点の場面)で決め切るところはさすがエースだなと感じました」

―彼が隠れて努力している姿を知っていれば教えてください。
佐久間「練習前や試合前は誰よりも早くチューブなどで体を作っていました。また、練習後は(自主的に)シュート練習をしていました」
井原「練習後の自主練習ではシュート練習をよくやっていたと思います。(清水エスパルス入団後の)3月のジュビロ磐田との練習試合でのゴールもその成果が出たのかなと思います。凄いシュートばかり打っていました」

―ピッチ外の彼は?
井原「いつも冷静でクールな人なので1年生の時は正直怖かったですが、話してみると面白いところやふざけてくる時もあり、明るい人でした。アドバイスもくれたり、本当にかっこいい先輩でした」
佐久間「優しくて結構仲良くしてもらっていました。また、オーラが凄くて、輝いていました」

―鈴木先輩へのエールを。
井原「プロの世界は厳しいこともあると思いますが、市船魂で頑張ってください。活躍を期待しています」
佐久間「試合に出てゴールを決めることを待ち望んでいます。頑張ってください!」

―鈴木先輩へ向けて、自分たちの今年の意気込みをお願いします。
井原「昨年果たせなかった全国制覇を達成できるように、チーム全員で力を合わせて頑張ります」
佐久間「選手権で日本一獲ります!」

(取材・文 吉田太郎)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP