beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

日本も開催狙う2023年女子W杯、ブラジルが立候補を撤回…選定理事会で支持する候補国も表明

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラジルが立候補を撤回

 ブラジルサッカー連盟(CBF)は8日、2023年女子ワールドカップの開催地への立候補を撤回すると発表した。

 CBFは「連邦政府が新型コロナウイルスの影響で促進された経済的および財政的な緊縮のシナリオにより、現時点でFIFAが要求した財政的な保証にサインするのは望ましくないと強調した」と理由を説明している。

 同大会の開催地を決める理事会は今月25日にオンラインで実施。日本のほか、南米初開催が懸かるコロンビア、共同開催を目指すオーストラリアとニュージーランドが立候補している。ブラジルは今回の発表と併せ、コロンビアを支持することを表明した。

TOP