beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

00~09年のインハイと福岡県代表成績_MF西岡大輝、FW清水航平ら擁した東海大五が前回王者を7-0で撃破し、8強

このエントリーをはてなブックマークに追加

東海大五高(現東海大福岡高)が2年生だった06年大会でベスト8。(写真は07年の全日本ユース選手権)

[2000~2009年のインターハイ福岡県代表校成績]

 2000~2009年のインターハイ福岡県代表の最高成績は06年大会で東海大五高(現東海大福岡高)が記録したベスト8だ。MF西岡大輝主将(現愛媛)や大会得点王に輝いた2年生FW清水航平(現広島)、MF當間建文(元鹿島)、2年生DF橋内竜真(元岐阜)を擁した東海大五は、初戦で水口高(滋賀)に4-1で勝利。2回戦では當間と松井のゴールによって作陽高(岡山)に競り勝つ。そして、3回戦では當間の先制ゴールや松井の3試合連続ゴール、清水の3得点などによって前回優勝校・青森山田高(青森)に7-0で大勝した。だが、準々決勝は終了間際にMF岩本惇(→福岡大)のアシストから當間が決めた1点に終わり、優勝校・広島観音高(広島)に1-2で敗戦。それでも、初のベスト8まで勝ち上がった。
 
 東海大五は00年、02年、03年、04年にも出場。GK多田大介(元C大阪)がゴールを守った00年大会は2-0から韮崎高(山梨)に追いつかれてPK戦で敗れた。奈良育英高(奈良)と初戦を戦った02年大会はFW池田憲彦(→福岡大)が2ゴールを挙げたが、2-6で逆転負け。FW平山智也(元名古屋)が3年生だった03年大会は、初戦で2年生FW財津俊一郎(元清水)が2ゴールを奪い、帝京三高(山梨)に2-0で勝利した。だが、2回戦で帝京高(東京1)に敗戦。財津の他、2年生にMF藤田直之(現C大阪)とDF橋内優也(現松本)、MF末吉隼也(元福岡)を擁していた04年大会は初戦で青森山田に敗れている。

 東福岡高はこの間、01年と05年、07年、08年、09年に出場。DF山形辰徳(元福岡)が主将を務め、MF衛藤裕(元徳島)やFW池元友樹(現北九州)、MF木本敬介(元富山)、MF前川正行(元京都)もメンバーに名を連ねていた01年大会は、初戦で奈良育英に2-0で勝った。藤枝東高(静岡)との2回戦では、0-2から前川のゴールなどで追いついたものの、試合終了間際の失点によって敗退。MF長友佑都(現ガラタサライ)卒業後の05年大会は、いずれも2年生のMF井手口正昭(元横浜FC)、MF棚橋雄介(元富山)が先発したが、初戦で東北高(宮城)にPK戦で敗れた。

 MF井上翔太(元北九州、現FCティアモ枚方)やDF串間雄峰(元ホンダロックSC)が3年生だった07年大会は、流通経済大柏高(千葉1)に0-1で惜敗。鳥栖などでプレーしているDF坂井達弥が主将を務めた08年大会はMF草野雄也(→桃山学院大)の勝ち越しヘッドなどによって鳴門高(徳島)との初戦を4-1で制した。だが、2回戦で不来方高(岩手)に苦杯。DF篠原弘次郎(現福岡)や2年生MF田中達也(現大分)が先発した09年大会は、初戦で徳島商高(徳島)にPK戦で敗れている。

以下、00~09年のインターハイ福岡県代表校成績 ※()内は出場回数

[2009年]
代表校:東福岡高(9)
1回戦 0-0(PK3-5)徳島商高(徳島)

[2008年]
代表校:東福岡高(8)
1回戦 4-1 鳴門高(徳島)
2回戦 0-1 不来方高(岩手)

[2007年]
代表校:東福岡高(7)
2回戦 0-1 流通経済大柏高(千葉1)

[2006年]
代表校:東海大五高(17)
1回戦 4-1 水口高(滋賀)
2回戦 2-1 作陽高(岡山)
3回戦 7-0 青森山田高(青森)
準々決勝 1-2 広島観音高(広島)

[2005年]
代表校:東福岡高(6)
1回戦 1-1(PK2-4)東北高(宮城)

[2004年]
代表校:東海大五高(16)
1回戦 0-2 青森山田高(青森)

[2003年]
代表校:東海大五高(15)
1回戦 2-0 帝京三高(山梨)
2回戦 0-2 帝京高(東京1)

[2002年]
代表校:東海大五高(14)
1回戦 2-6 奈良育英高(奈良)

[2001年]
代表校:東福岡高(5)
1回戦 2-0 奈良育英高(奈良)
2回戦 2-3 藤枝東高(静岡)

[2000年]
代表校:東海大五高(13)
1回戦 2-2(PK5-6)韮崎高(山梨)

※禁無断転載(C)高校サッカー年鑑、ゲキサカ


●【特設】高校総体2020

TOP