beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大迫勇也、203日ぶりの今季5ゴール目!! “裏天王山”で待望の一撃

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW大迫勇也が待望のゴール

[6.13 ブンデスリーガ第31節 パダーボルン - ブレーメン]

 ブンデスリーガは13日、第31節を各地で行い、日本代表FW大迫勇也が所属する降格圏17位のブレーメンは最下位パダーボルンと対戦した。大迫は3試合連続で先発し、昨年11月の第12節シャルケ戦以来、203日ぶりとなるゴールを挙げた。

 ブレーメンは前半20分にMFデイヴィ・クラーセンのゴールで先制に成功すると、迎えた前半34分だった。MFミロト・ラシカのパスを受けたFWジョシュ・サージェントがPA内右からシュート。これが相手GKに弾かれると、こぼれ球に詰めた大迫が右足で流し込んだ。大迫は今季5点目をマーク。クラーセンが5分後に追加点を挙げ、ブレーメンが3点をリードして前半を折り返した。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2019-20特集

TOP