beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

10年以降のインハイ佐賀県代表成績_FW平秀斗擁した12年の佐賀東が16強。その後は全国で苦戦続く

このエントリーをはてなブックマークに追加

19年大会は佐賀北高が出場。惜しくもPK戦で敗れて初戦敗退に。(写真協力=高校サッカー年鑑)

[2010年以降のインターハイ佐賀県代表校成績]

 2010年以降のインターハイ佐賀県代表に佐賀東高が6度輝いている。12年大会にはベスト16を記録した。明秀日立高(茨城)との初戦は先制されたものの、FW平秀斗(元鳥栖)のPKで追いつくと、後半アディショナルタイムにDF中山駿が決勝点を奪って逆転勝ち。岡崎城西高(愛知2)との2回戦も平の決勝点によって1-0で勝利した。3回戦は平やMF古川雅人(現相模原)らがゴールを目指したものの、桐光学園高(神奈川1)に0-1で敗戦。この10年間の佐賀県勢で初戦を突破したのは、12年の佐賀東だけだった。

 佐賀東は11年、14年、16年、17年、18年にも出場。MF中原優生主将(元鹿児島)や2年生FW平を擁した11年大会は初戦で香川西高(香川)と対戦し、平のゴールで先制したものの、3点を奪い返されて逆転負けした。FW川内真一(→徳山大)らを擁した14年大会は試合終了間際のPK失敗が響き、米子北高(鳥取)に0-1で敗れている。また、MF川内陽一(現東京国際大)が主将を務めた16年大会は、GK中島豊輝(現広島経済大)がビッグセーブを連発したが、尚志高(福島)に1-2で敗戦。17年大会も初戦で尚志と対戦し、1-2で競り負けている。そして、18年大会もセットプレーでの失点が続き、初戦敗退に終わっている。

 佐賀北高は10年と19年に出場。GK吉崎弘宣(元鳥取、現MIOびわこ滋賀)がゴールを守った10年大会は初戦となる2回戦で桐光学園高(神奈川1)と対戦し、0-3で敗れた。好ボランチ・MF松岡郁弥(現中京大)が主将を務めた19年大会はGK井崎幹太の好セーブなどで徳島市立高(徳島)と接戦を演じたが、0-0で突入したPK戦を3-5で落としている。

 13年大会は佐賀商高が16年ぶりに出場。三重高(三重)からエースFW山崎一帆(現ソニー仙台FC)が同点ゴールを決めたが、突き放されて敗れている。16年大会は佐賀学園高が出場権を獲得し、エースFW三宮捷(→城西国際大)が一人でシュート5本を放つなど気を吐いたが、米子北に敗戦。同校にとって87年大会以来となる白星を勝ち取ることはできなかった。

以下、10年以降のインターハイ佐賀代表校成績 ※()内は出場回数

[2019年]
代表校:佐賀北高(10)
1回戦 0-0(PK3-5)徳島市立高(徳島)

[2018年]
代表校:佐賀東高(14)
1回戦 1-4 星稜高(石川)

[2017年]
代表校:佐賀東高(13)
1回戦 1-2 尚志高(福島)

[2016年]
代表校:佐賀東高(12)
1回戦 1-2 尚志高(福島)

[2015年]
代表校:佐賀学園高(12)
1回戦 0-7 米子北高(鳥取)

[2014年]
代表校:佐賀東高(11)
1回戦 0-1 米子北高(鳥取)

[2013年]
代表校:佐賀商高(16)
1回戦 1-7 三重高(三重)

[2012年]
代表校:佐賀東高(10)
1回戦 2-1 明秀日立高(茨城)
2回戦 1-0 岡崎城西高(愛知2)
3回戦 0-1 桐光学園高(神奈川1)

[2011年]
代表校:佐賀東高(9)
1回戦 1-3 香川西高(香川)

[2010年]
代表校:佐賀北高(9)
1回戦 0-3 桐光学園高(神奈川1)

佐賀東高は12年大会でベスト16。FW平秀斗は貴重なゴールでチームを牽引した。(写真協力=高校サッカー年鑑)

※禁無断転載(C)高校サッカー年鑑、ゲキサカ


●【特設】高校総体2020

TOP