beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

00~09年のインハイ熊本県代表成績_MF谷口、DF車屋、FW澤田、GK藤嶋らが奮闘。大津が2年連続全国3位に

このエントリーをはてなブックマークに追加

“公立の雄”大津高の主将を務めたMF谷口彰悟。2年連続でインターハイ3位を経験した。(写真協力=高校サッカー年鑑)

[2000~2009年のインターハイ熊本県代表校成績]

 2000~2009年のインターハイ熊本県代表は大津高が08年、09年に2連続3位を記録している。CB藤本大主将(元熊本)やMF蔵田岬平(元松本)を擁した08年大会は、西目高(秋田)との初戦を0-0からのPK戦の末に勝利。2回戦は2年生MF谷口彰悟(現川崎F)の決勝ヘッドで小松市立高(石川)を振り切った。3回戦は試合終了間際にGKが退場するアクシデントがあったものの、不来方高(岩手)に得点を許さず、再びPK戦で勝利した。そして準々決勝は大阪桐蔭高(大阪2)に先制されたが、FW黒木一輝(→福岡大)のゴールで追いつき、藤本の決勝ヘッドで逆転勝ちした。準決勝は大会得点王・黒木の2ゴールによって2度リードを奪ったものの、追いつかれてPK戦へ。2人が失敗して3位となった。

 続く09年大会は先発に谷口主将、GK藤嶋栄介(現川崎F)、FW澤田崇(現長崎)、FW坂田良太(元栃木)、FW松本大輝(元甲府)、DF古賀鯨太朗(元琉球)、2年生DF車屋紳太郎(現川崎F)の名が並ぶ強力チーム(登録外にもGK圍謙太朗、現松本)。澤田の2ゴールなどによって 国見高(長崎)を5-0で破ると、3回戦では立正大淞南高(島根)に2点を先行されながらも坂田と松本のゴールによって追いつき、PK戦で藤嶋が2本止めて白星をもぎ取る。そして、準々決勝では坂田とMF藤崎裕太(→流通経済大)のゴールによって玉野光南高(岡山)を2-0で退けた。だが、準決勝は終盤の猛攻実らず、前橋育英高(群馬)に0-1で惜敗。決勝には手が届かなかった。

 大津は00年と03年、05年にベスト16。MF大瀬良直人主将(元熊本)やMF田中英雄(元神戸、現FCティアモ枚方)、MF原田拓(元熊本)を擁した00年大会は原田や田中がゴールを奪い、韮崎高(山梨)に4-1で勝った。だが、國學院久我山高(東京2)にシュート15本を浴びせながらも0-2で敗戦。MF古木裕(→福岡教育大)が主将を務めた03年大会は、MF永田真志(→福岡大)の先制ゴールなどによって近大和歌山高(和歌山)との初戦を3-1で快勝する。続く2回戦も前橋商高(群馬)に3-0で快勝。だが、3回戦で国見に5点を奪われて敗れた。

 MF大塚翔太主将(元水戸)やGK武田洋平(現名古屋)、DF坂本和哉(元浦和、現ヴェルスパ大分)、MF本田真吾(元福岡)、FW市原大嗣(元大分)、FW松尾昇悟(元琉球)を擁した05年大会は、2試合で7ゴールを叩き出して3回戦進出。だが桐蔭学園高(神奈川2)に競り負けている。MF山内祐一主将(元熊本)、GK時久省吾(元岐阜)、DF矢野大輔(元G大阪)、FW中嶋雄大(元北九州)が3年生だった02年大会は初戦で惜敗。大塚らが2年生だった04年大会とDF宮坂翔(元東京V)を擁した06年大会は、いずれも初戦でPK戦敗退だった。MF黒木晃平(現熊本)が主将を務めた07年大会は初戦を1-0で制したが、2回戦で敗れている。

 開催県だった01年大会は熊本国府高ルーテル学院高が出場したが、いずれも初戦敗退に終わった。DF松岡卓主将(元熊本)の熊本国府は佐野日大高(栃木)に2点を奪われ、FW寺尾龍二がCKから1点を取り返したものの、1-2で惜敗。ルーテル学院は創部1年目の1年生軍団で全国初出場を果たす快挙を成し遂げた。初陣はFW森山大地主将(元FC刈谷)を中心に積極的な攻撃を仕掛けたものの、韮崎高(山梨)に0-3で敗れている。

以下、00~09年のインターハイ熊本県代表校成績 ※()内は出場回数

[2009年]
代表校:大津高(13)
2回戦 5-0 国見高(長崎)
3回戦 2-2(PK4-2)立正大淞南高(島根)
準々決勝 2-0 玉野光南高(岡山)
準決勝 0-1 前橋育英高(群馬)

[2008年]
代表校:大津高(12)
1回戦 0-0(PK5-3)西目高(秋田)
2回戦 2-1 小松市立高(石川)
3回戦 0-0(PK4-2)不来方高(岩手)
準々決勝 2-1 大阪桐蔭高(大阪2)
準決勝 2-2(PK3-4)市立船橋高(千葉2)

[2007年]
代表校:大津高(11)
1回戦 1-0 津工高(三重)
2回戦 0-1 徳島商高(徳島)

[2006年]
代表校:大津高(10)
1回戦 3-3(PK1-4)富山一高(富山)

[2005年]
代表校:大津高(9)
1回戦 3-1 武蔵工大二高(長野)
2回戦 4-0 長崎日大高(長崎)
3回戦 1-3 桐蔭学園高(神奈川2)

[2004年]
代表校:大津高(8)
1回戦 1-1(PK3-5)大宮東高(埼玉2)

[2003年]
代表校:大津高(7)
1回戦 3-1 近大和歌山高(和歌山)
2回戦 3-0 前橋商高(群馬)
3回戦 0-5 国見高(長崎1)

[2002年]
代表校:大津高(6)
1回戦 1-2 名東高(愛知1)

[2001年]
第1代表校:熊本国府高(2)
2回戦 1-2 佐野日大高(栃木)

第2代表校:ルーテル学院高(初)
1回戦 0-3 韮崎高(山梨)

[2000年]
代表校:大津高(5)
2回戦 4-1 韮崎高(山梨)
3回戦 0-2 國學院久我山高(東京2)

MF車屋紳太郎大津高2年時に全国3位を経験。(写真協力=高校サッカー年鑑)

※禁無断転載(C)高校サッカー年鑑、ゲキサカ


●【特設】高校総体2020

TOP