beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

00~09年のインハイ鹿児島県代表成績_鹿児島実と神村学園が全国3位に。FW大迫勇也の鹿児島城西は8強

このエントリーをはてなブックマークに追加

神村学園高はMF永畑祐樹らを擁した07年大会で初出場4強。(写真協力=高校サッカー年鑑)

[2000~2009年のインターハイ鹿児島県代表校成績]

 2000~2009年のインターハイ鹿児島県代表は、01年の鹿児島実高と07年の神村学園高が3位に入っている。01年大会の鹿児島実はDF森下和哉主将(→福岡教育大、現鹿児島実高監督)やFW赤嶺真吾(現岡山)、DF松下年宏(元新潟)、DF登尾顕徳(元徳島)、DF立石飛鳥(元福岡)を擁して5度目のベスト4進出。今治東高(愛媛)との初戦を5-1で快勝すると、前橋育英高(群馬)との2回戦を赤嶺の決勝点によって1-0で制す。3回戦では10番MF城和憲(元ホンダロックSC)が2点に絡むなど、3-0で桐蔭学園高(神奈川1)に勝利。準々決勝は赤嶺の2ゴールと城の決勝ヘッドによって3-2で帝京高(東京1)を下した。準決勝では赤嶺のPKによって先制したが、藤枝東高(静岡)MF長谷部誠に同点PKを決められ、PK戦の末に敗れた。

 07年大会の神村学園は前年度の選手権ベスト4メンバーだったMF假屋健太主将(→福岡大)やMF永畑祐樹(元鹿児島)、FW五領淳樹(現鹿児島)、FW鮫島翼(→福山大)らを中心に初出場でベスト4。五領の決勝PKで富山一高(富山)との初戦を制すと、2回戦では鮫島の決勝ヘッドで前回優勝校の広島観音高(広島)を1-0で破る。3回戦も鮫島と五領のゴールによって徳島商高(徳島)に2-1で勝利。準々決勝では1-1から鮫島の2ゴールで突き放して大分鶴崎高(大分)との九州勢対決を勝利した。準決勝では市立船橋高(千葉2)に0-2で敗戦。選手権同様、インターハイも3位が最高成績となっている。

 08年度大会ではFW大迫勇也(現ブレーメン)やMF大迫希(現藤枝)を擁した鹿児島城西高が2度目の出場でベスト8。羽黒高(山形)との初戦を大迫勇の同点ゴールと決勝ゴールによって逆転勝利する。3回戦もDF成元将平(→阪南大)の勝ち越しヘッドや大迫勇の2ゴールによって鹿島学園高(茨城)に4-1で勝利。だが佐賀東高(佐賀)との準々決勝ではFW野村章悟(→九州産業大)が同点ゴールを決めたものの、後半34分に決勝点を奪われ、2-3で敗れた。

 00年大会の鹿児島実はFW田原豊(元京都)やDF上本大海(元大分)、DF久留貴昭主将(元長崎、現創成館高監督)、GK萩原達郎(元仙台)、MF諏訪園一吉(元FC東京)らを擁していたが、清水市立商高(静岡)との強豪対決で1-5敗戦。DF伊野波雅彦(現横浜FC)や2年生DF岩下敬輔(現鳥栖)らが先発に名を連ねていた02年大会初戦は伊野波がゴールを決めたものの、星稜高(石川)に1-2で敗れている。

 岩下中心に選手権日本一を勝ち取っている04年の世代は、初戦で水戸商高(茨城)に0-0からのPK戦の末に勝利。岩下や2年生DF西岡謙太(元水戸)に支えられたチームは2回戦(対大宮東高)もPK戦で勝利する。だが、3回戦で市立船橋に0-1で敗れた。MF赤尾公主将(元鹿児島)や西岡、FW栫大嗣(元鳥栖)ら選手権準優勝世代の05年度は栫が1、2回戦で計3ゴールの活躍。市立船橋とのPK戦を制して準々決勝へ進出したが、青森山田高(青森)にPK戦で敗れている。

 神村学園は09年大会にも出場。2年生GK吉満大介(現山口)やMF黄順旻(元湘南)、2年生MF小谷健悟(元北九州、現FC TIAMO枚方)を擁したチームは、青森山田との初戦をPK戦で制したが、3回戦で優勝校の前橋育英に1-2で敗れた。02年と06年には公立校の松陽高が出場。初出場した02年大会はFW小森園真が初ゴールを決めたが、桐光学園高(神奈川2)に追いつかれ、PK戦で敗れた。MF屋宮大地(元琉球)が3年生だった06年大会は、同年度の選手権優勝校・盛岡商高(岩手)と初戦で激突。FW高田賢人が先制点を決めたが、追いつかれ、再びPK戦で敗れている。

以下、00~09年のインターハイ鹿児島県代表校成績 ※()内は出場回数

[2009年]
代表校:神村学園高(2)
2回戦 1-1(PK6-5)青森山田高(青森)
3回戦 1-2 前橋育英高(群馬)

[2008年]
代表校:鹿児島城西高(2)
2回戦 3-2 羽黒高(山形)
3回戦 4-1 鹿島学園高(茨城)
準々決勝 2-3 佐賀東高(佐賀)

[2007年]
代表校:神村学園高(初)
1回戦 3-2 富山一高(富山)
2回戦 1-0 広島観音高(広島)
3回戦 2-1 徳島商高(徳島)
準々決勝 3-1 大分鶴崎高(大分)
準決勝 0-2 市立船橋高(千葉2)

[2006年]
代表校:松陽高(2)
2回戦 1-1(PK0-3)盛岡商高(岩手)

[2005年]
代表校:鹿児島実高(24)
1回戦 3-2 浦和東高(埼玉1)
2回戦 2-1 草津東高(滋賀)
3回戦 0-0(PK4-2)市立船橋高(千葉2)
準々決勝 1-1(PK7-8)青森山田高(青森)

[2004年]
代表校:鹿児島実高(23)
1回戦 0-0(PK5-4)水戸商高(茨城)
2回戦 1-1(PK4-2)大宮東高(埼玉2)
3回戦 0-1 市立船橋高(千葉1)

[2003年]
代表校:鹿児島実高(22)
1回戦 1-2 星稜高(石川)

[2002年]
代表校:松陽高(初)
2回戦 1-1(PK2-4)桐光学園高(神奈川2)

[2001年]
代表校:鹿児島実高(21)
1回戦 5-1 今治東高(愛媛)
2回戦 1-0 前橋育英高(群馬)
3回戦 3-0 桐蔭学園高(神奈川1)
準々決勝 3-2 帝京高(東京1)
準決勝 1-1(PK2-4)藤枝東高(静岡)

[2000年]
代表校:鹿児島実高(20)
1回戦 1-5 清水市立商高(静岡)

FW大迫勇也(鹿児島城西高)はインハイ、選手権ともに得点王

※禁無断転載(C)高校サッカー年鑑、ゲキサカ


●【特設】高校総体2020

TOP