beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

後半終了間際にMF柴木が同点弾。PK戦でGK山口が2本止め、佐賀商が佐賀制覇!

このエントリーをはてなブックマークに追加
 中止された佐賀県高校総体などの代替大会「SAGA 2020 SSP杯佐賀県高等学校スポーツ大会サッカー競技」は27日に決勝戦を行い、佐賀商高が優勝した。

 龍谷高との決勝戦は前半、佐賀商がシュートシーンを増やしたが、龍谷はGK又吉春太の好守などで得点を許さない。逆に龍谷DF平山悠斗の直接FKがクロスバーを叩くシーンもあった。

 試合は後半15分に龍谷が先制点を奪う。交代出場のFW又吉耕太が自ら投じた右ロングスローの跳ね返りを拾い、右足でクロスボール。GKの頭上を越えてゴール方向へ向かったボールをファーサイドのFW松尾亮汰が詰めて、1-0とした。

 反撃する佐賀商は、試合終了間際にMF前田竜之介が連続でのロングスロー。そして、ゴール前の混戦からMF柴木佑大が左足で同点ゴールを決め、PK戦に持ち込んだ。PK戦では交代出場していた佐賀商GK山口晃毅が龍谷の1人目と3人目をストップ。龍谷GK又吉春も佐賀商の3人目と4人目を止め返す。だが、龍谷は5人目のシュートが左ポストを直撃。最後は佐賀商の5人目・DF山本恵大が左足で決めて決着をつけた。

【佐賀】
[決勝]
龍谷高 1-1(PK2-3)佐賀商高
●【特設】高校総体2020

TOP