beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「ロッベンは驚いていた」現役復帰に一役買ったクラブの“秘密兵器”とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役復帰したFWアリエン・ロッベン

 元オランダ代表FWアリエン・ロッベンの現役復帰は世界中に衝撃を与えた。その背景にはフローニンゲンの工夫をこらした説得があったようだ。オランダ『AD』が伝えた。

 ロッベンとともに記者会見に出席したテクニカルディレクターのマーク・ジャン・フレッデルス氏は、同選手との交渉が2019年に始まったことを明かし、復帰発表までの経緯を次のように話している。

「実現はしていなかったが、私たちは連絡を取り続けていた。そして先月、ミュンヘンで会って話をすることで、彼の奥さんと密かに合意した」

 フレッデルス氏によると、ロッベンの妻の同意を得た上で、説得を試みるために本人と面会。その時にある映像を見せたという。現役復帰が発表される1か月前の5月21日のことだった。

「我々はアリエンを驚かせた。素晴らしい瞬間だったよ。行きつけの店で寿司を注文し、(マイケル・)ジョーダンのドキュメンタリー『ラストダンス』から抜粋したものに、ロッベン本人を交えた編集映像を見せたんだ」

「彼に対して我々は、このクラブに来ることが最善であり、我々のためにプレーしてくれれば助けになるだろうと伝えた」

 その後、フローニンゲンは今月27日に36歳FWの電撃復帰を発表。ロッベンは、一度現役を引退しながらも華々しいカムバックを果たした“バスケットボールの神様”ことジョーダン氏に自分の姿を重ね、クラブの熱意に気持ちが傾いたのかもしれない。

●オランダ・エールディビジ2019-20特集
●堂安、板倉の試合も!!“初月無料”DAZNでハイライト配信中

TOP