beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“ホスト界の帝王”が対談相手を直接指名! 選ばれたC大阪の2選手は?「2人はいい意味でアダルトなイメージでしたが…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

C大阪のルーキーFW西川潤

 セレッソ大阪が6月28日にオンライントークショー「『THE ROLAND SHOW』 〜セレッソには“俺”がいる〜」を開催した。その様子をクラブ公式サイトで伝えている。

 オンライントークショーには「ホスト界の帝王」と称されるローランド氏がC大阪“公認セレ男”として登場し、同氏が直接指名したDF瀬古歩夢、FW西川潤と対談を行った。MCはC大阪応援リポーターの池田愛恵里さんが担当。当日は参加券を購入した190名が視聴した。

 最初コーナーでは、視聴者やサポーターから事前に募集した質問のカードを選んでトークを展開。続いてリアルタイムでの視聴者からの質問コーナーも実施し、最後のコーナーではローランド氏、瀬古、西川が互いに質問を行った。

 その後のお楽しみ抽選会では、ゲスト3名の直筆サインが入った豪華景品をファンにプレゼント。イベントの最後にはローランド氏が「あなたにとってセレッソ大阪とは?」という質問に対し、「俺はホスト界の帝王、セレッソは日本サッカーの帝王」と答えてトークショーを締めくくった。

 ローランド氏は今回のトークショーを振り返り、クラブ公式サイトを通じて「瀬古選手、西川選手のことはプレーを見ていて知っていました。本当に実力はありますし、才能もあります。いい意味でアダルトな感じのイメージでしたが、話してみてやっぱり男の子だなあという感じでした。実際に話せて、身近に感じられて、嬉しかったですね。根本がまずサッカー選手に対してのリスペクト、本当に尊敬しているので、一緒の企画でこうやって映って、しゃべることができるのがすごく嬉しいです」とコメントしている。

 また、瀬古は「ローランドさんを前に緊張していつもの自分が出せませんでしたが、ためになる話が聞けて良かったです。貴重な人生経験を教えてもらえることができて、人生を成功させるヒントをいただきました。楽しい時間をともにできて嬉しかったです」、西川は「聞きたかったことが聞けてよかったです。器の大きさを間近に感じました。真隣だったので、やはりオーラがすごかったです。人生に困ったら、ローランドさんに相談しようと思います!」と、それぞれ感想を述べた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP