beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“行方不明”だったG・ネビル氏、ついに沈黙を破る

このエントリーをはてなブックマークに追加

リバプールを称えたガリー・ネビル

 元イングランド代表DFのガリー・ネビル氏が30年ぶりにリーグタイトルを獲得したリバプールを称えた。イギリス『エクスプレス』が伝えている。

 マンチェスター・ユナイテッドのOBであるG・ネビル氏は以前、リバプールが優勝したらパプアニューギニアに移住すると公言していた。それが6月25日に現実のものになると、G・ネビル氏はツイッターで手を振る絵文字だけを投稿。その後、沈黙を守っていた。

 すると『スカイ・スポーツ』が「誰かこの人を見かけませんでしたか? ガリーはどこ」と題した動画を公開。映像では、リバプールOBのジェイミー・キャラガー氏をはじめとした『スカイ・スポーツ』の解説者たちが登場し、G・ネビル氏を捜索する演出となっている。

 そして最後のシーンである男性がマンチェスター空港に登場。パプアニューギニア行きのチケットを航空会社の従業員に見せ、「出張ですか? 旅行ですか?」と質問される。G・ネビル氏と思われる男性は「どちらでもない」と答え、「おめでとうリバプール」という字幕が出た後に、その場から立ち去っていった。

 リバプール優勝後、しばらく行方をくらましていたG・ネビル氏だったが、6月30日のプレミアリーグ第32節ブライトン対ユナイテッドで『スカイ・スポーツ』の解説者として番組出演。司会者には「誰かが隠れていたところから出てきました」とユーモアを交えて紹介されていた。

 番組の中でG・ネビル氏はリバプールのユルゲン・クロップ監督に敬意を表している。

「ユルゲン・クロップ、彼が成し遂げた仕事は素晴らしいものだった。彼がリバプールに来た時、シティ、ユナイテッド、チェルシーのようにタイトルを獲得するのは、ほぼ不可能だと思っていた。それほど難しいことだと考えていたよ」

「彼は3000万ポンドの選手を1億3000万ポンドに変え、7500万ポンドの選手を1億5000万ポンドに変えたんだ。補強は素晴らしく、コーチングもまた素晴らしかった」

 ユナイテッドOBのG・ネビル氏はリバプール優勝を「もう二度と見たくない日」と表現しながらも「しかし、タイトルの獲得者を祝福しなければならないのは明らかだ。素晴らしいパフォーマンスだった」と称賛の言葉を送った。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

TOP