beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

これからのために。高体連やユースの強豪参加し、U-18甲信静 FOOTBALL LEAGUE 2020「From Now On」開催へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

山梨学院高など高体連・ユースの強豪6チームが熱戦を繰り広げる

 18年のインターハイ優勝校・山梨学院高(山梨)と静岡の名門・藤枝東高、18年日本クラブユース選手権(U-18)大会優勝の清水エスパルスユース(静岡)、ヴァンフォーレ甲府U-18(山梨)、松本山雅FC U-18(長野)、そしてJFAアカデミー福島U-18(静岡)の6チームが1回戦総当たり方式のリーグ戦で戦うU-18甲信静 FOOTBALL LEAGUE 2020「From Now On」の開催が発表された。

 大会は「コロナ禍においてU-18年代の今夏の公式戦が消滅し、その代わりに今まで情熱を懸けてきたサッカーを力いっぱい表現する場を子供達に、特に3年生に与えてあげたい」、「共に過ごしてきたチームと仲間への熱き想い、保護者への感謝の気持ち、そして自分の将来の可能性を伸ばすチャンスを与える場を」、そして「山梨・長野・静岡の3県の高体連チーム・クラブチームが、互いに手を取り合い、そして助け合い、共に力を合わせて、それぞれが目指す『From Now On=これから』を創り上げるきっかけとしたい」を開催趣旨として、有志6チームが参加。7月19日開催予定のJFAアカデミー福島対松本U-18戦を皮切りに8月30日までの日程で開催され、各チームのトップ戦に当たるAリーグ(35分ハーフ)とサブ組出場のBリーグ(30分ハーフ、清水ユースは不参加)をそれぞれ実施する模様だ。

 参加チームは手洗い、更衣室、給水、検温など新型コロナウイルス感染対策及び暑熱対策の徹底をして試合を運営。 また、隣県同士のメリットを活かし、原則として移動は日帰りで行う予定だ。保護者も観戦できるように、準備を進めている。

 そして、試合はもちろん真剣勝負。強豪同士の戦いで個人、チームのレベルアップを図り、今秋以降の公式戦や将来の飛躍に繋げる。なお、大会は味の素株式会社とキリンビバレッジ株式会社がサポート。Aリーグ優勝および得点王に副賞が贈呈されるという。選手たちは貴重な機会に感謝し、全力プレーで応える。


大会日程・試合結果は以下の通り。(変更の可能性あり)

7月19日
[時の栖A]
JFAアカデミー 0-0 松本U-18

7月23日
[押原人工]
甲府U-18(10:00)松本U-18
[藤枝東G]
藤枝東高(10:00)清水ユース

7月25日
[時の栖A]
JFAアカデミー(12:30)清水ユース

7月26日
[押原天然]
甲府U-18(9:30)山梨学院高

8月2日
[和戸G]
山梨学院高(10:00)松本U-18
[鈴与三保G]
清水ユース(14:00)甲府U-18

8月8日
[押原天然]
甲府U-18(11:30)藤枝東高

8月9日
[鈴与三保G]
清水ユース(14:00)松本U-18

8月16日
[鈴与三保G]
清水ユース(10:00)山梨学院高

8月20日
[藤枝東高G]
藤枝東高(13:00)JFAアカデミー
※13日予定から日程変更

8月23日
[和戸G]
山梨学院高(10:00)JFAアカデミー
[藤枝東高G]
藤枝東高(12:00)松本U-18

8月30日
[時之栖A]
JFAアカデミー(10:30)甲府U-18
[和戸G]
山梨学院高(13:00)藤枝東高
※29日から30日に変更

TOP