beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

村井チェアマンがJ1最多632試合出場の遠藤保仁を祝福「見ていていつも思うことは…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

J1通算632試合の出場を達成したMF遠藤保仁

 Jリーグは4日、ガンバ大阪のMF遠藤保仁が同日に開催されたJ1第2節のC大阪戦(●1-2)で歴代最多となるJ1通算632試合の出場を達成したことを受け、村井満チェアマンからのコメントを発表した。

 現在40歳の遠藤は2月23日に行われた第1節の横浜FM戦(○2-1)で、J1最多タイの631試合出場を達成。名古屋などで活躍した元日本代表GKの楢崎正剛氏の記録に並んだが、新型コロナウイルスの影響でシーズンが中断し、記録更新が持ち越しとなっていた。それでも約4か月を経て再開した一戦でスタメン入りし、J1通算632試合目の出場。Jリーグ史に新たな記録を打ち立てた。

 村井チェアマンはJリーグ公式サイト上で「遠藤選手、J1最多出場記録の更新おめでとうございます。達成された偉大な記録に対してチェアマンとして心から祝福したいと思います。この『632』という数字が、Jリーグの27年の歴史に重要な1ページを刻んだといっても過言ではありません」と祝福の言葉を送っている。

 さらに「私が遠藤選手を見ていていつも思うことは『平常心』の大切さです。人間、何か重要な局面に立つと自然と緊張する姿が見えるものですが、遠藤選手のプレーを見ていると緊張を感じる場面をほぼ見ることがありません。これは遠藤選手が不断の努力を欠かさない向上心や、どんな状況であっても周囲にアジャストする適応力を磨き続けた結果であると考えます」と続け、「今シーズンも、持ち前の『平常心』で不惑のシーズンも変わらずチームの中心として活躍されることを期待しています」と締めくくった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料"DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP