beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[DFB杯]バイエルンが2年連続国内2冠!レワンドフスキ2発で20回目のポカール制覇

このエントリーをはてなブックマークに追加

バイエルンが2年連続で国内2冠を達成

[7.4 DFBポカール決勝 レバークーゼン2-4バイエルン]

 DFBポカール(ドイツ国内杯)は4日、ベルリン・オリンピアシュタディオンで決勝を行い、バイエルンレバークーゼンを4-2で下し、2年連続20回目の優勝を果たした。

ブンデスリーガで前人未踏の8連覇を達成したバイエルンが幸先良く先制に成功した。前半16分、FWロベルト・レワンドフスキが倒され、ペナルティーアーク内でFKのチャンスを獲得。キッカーのDFダビド・アラバがタイミングを外して左足を振り抜くと、壁の間を抜いた鋭いシュートはゴール右隅を射抜いた。

 25分にはショートカウンターから追加点。MFヨシュア・キミッヒの反転スルーパスで抜け出したMFセルジュ・ニャブリがドリブルで持ち出し、右足シュートをファー隅に突き刺した。2-0で折り返した後半14分にはGKマヌエル・ノイアーのロングキックに反応したレワンドフスキが魅せる。PA手前の位置から右足ハーフボレーで叩き、相手GKの後逸を誘発した。

 反撃に出るレバークーゼンもCKから1点を返したが、後半14分にはMFイバン・ペリシッチが快速を飛ばしてエリア内に侵入し、マイナス方向にラストパス。走り込んだレワンドフスキが右足チップキックでGKの頭上を抜き、ドッペルパック(1試合2得点)を達成した。

 11年ぶりの決勝進出となったレバークーゼンはラストプレーのPK弾で意地を見せたが、反撃は及ばず。バイエルンが4-2で勝利し、2シーズン連続で国内2冠を達成した。

●ブンデスリーガ2019-20特集
●DFBポカール2019-20特集

TOP