beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「イライラした」ロリスがソン・フンミンに激怒した理由を語る…モウリーニョは2人の“ケンカ"に「美しい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソン・フンミンに激怒したGKウーゴ・ロリス

 トッテナムのキャプテンGKウーゴ・ロリスがFWソン・フンミンに激怒した理由を語った。イギリス『ミラー』が報じている。

 トッテナムは6日、プレミアリーグ第33節でエバートンと対戦し、相手のオウンゴールで1-0の勝利を収めた。トラブルが起きたのは前半が終了した直後だ。選手たちがドレッシングルームへ引き上げる中、ロリスが激昂しながらソン・フンミンに詰め寄り、2人は口論に発展。チームメイトが慌てて止めに入る事態となった。

 同紙によると、ハーフタイム直前にエバートンのFWリシャルリソンに危険なシュートを許した場面で、ソン・フンミンが守備を怠ったことが原因のようだ。

 ロリスはインタビューで「ハーフタイムの直前に相手にチャンスを与えてしまったのは、しっかりプレスをかけなかったからだと思う。それにイライラさせられたけど、それがサッカーだ」と言及。後半の開始時と試合終了時には2人が抱き合っている姿が確認されており、トッテナム主将は「試合後の僕らの間にはまったく問題がないことを見ただろう」と付け加えた。

 また、プレミアリーグ通算200勝を達成したジョゼ・モウリーニョ監督は「ソンは素晴らしいやつだ。みんなソンのことが好きだ。だけどキャプテンとしては、もっとチームに貢献してほしいと頼まなければならなかったんだ」と説明している。

 以前、選手たちに対して互いに厳しく要求し合うよう求めていた指揮官は、2人の口論を「美しいこと」と表現しつつ「それはチームが成長するために必要なことだ。そして個人として、より大きな人間性を得るためにもね。そういう反応が出ることに驚きはない」と語った。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

TOP