beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

川崎Fが“多摩川クラシコ”に4発完勝! FC東京は今季味スタ初戦で初黒星

このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎Fが“多摩川クラシコ”を制した

[7.8 J1第3節 FC東京0-4川崎F 味スタ]

 J1リーグは8日、第3節を各地で行い、川崎フロンターレFC東京を4-0で下した。リモートマッチとなった“多摩川クラシコ”を制した川崎Fは2連勝。今季ホーム初戦となったFC東京は初黒星を喫した。

 開幕からアウェー2連勝中のFC東京は4日の第2節柏戦(○1-0)から2人を変更し、DF中村帆高、MFアルトゥール・シルバがスタメン入り。前節で負傷交代したFWディエゴ・オリヴェイラも先発に入った。対する川崎Fは開幕から3試合連続で同じスターティングイレブンが並んだ。[スタメン&布陣はコチラ]

 リモートマッチとなった“多摩川クラシコ”で川崎Fがゴールを畳み掛けた。前半17分、左サイドのスローインからFWレアンドロ・ダミアンが落とすと、これに反応したのはMF大島僚太。PA左手前の位置で右足を振り抜くと、鋭いミドルシュートは左ポストに当たってゴールマウスに吸い込まれた。

 前半23分には右サイド深い位置をDF山根視来が縦に仕掛けて相手守備網を突破すると、ゴールライン際からマイナス方向にクロスを配給し、ニアサイドのL・ダミアンが右足ヒールで沈めた。その5分後にもサイドチェンジを受けたMF家長昭博がPA右手前からファーサイドに浮き球を入れると、L・ダミアンがワンタッチで落とし、MF長谷川竜也が右足シュートでニアを破った。

 FC東京は前半42分に最初の交代カードを切り、MF高萩洋次郎を下げてFWアダイウトンを投入。それでも川崎Fの勢いは止まらず、前半45分には長谷川がマルチゴールを達成。MF田中碧が右サイドにふわりとした浮き球のパスを供給すると、山根がダイレクトで折り返す。L・ダミアンのシュートは相手DFに阻まれたが、走り込んだ長谷川が押し込み、4-0で前半を折り返した。

 FC東京は後半開始と同時に2人を変更。DF室屋成とFW紺野和也を投入すると、後半2分に紺野が決定機を迎えたが、シュートはゴール上へ。交代策で状況を打開しようとしたが、ゴールが遠い。川崎Fは後半39分にFW宮代大聖が投入され、J1デビューを果たした。後半43分、FW旗手怜央の決定的なシュートはカバーに入った室屋がゴールライン際でクリア。FC東京はゴールをこじ開けられず、0-4で敗れた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP