beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

名古屋逃げ切り失敗…G大阪が途中出場の渡邉弾で土壇場ドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加

[7.8 J1第3節 名古屋2-2G大阪 豊田ス]

 豊田スタジアムで行われた名古屋グランパスガンバ大阪の試合は、2-2の引き分けに終わった。名古屋は1勝2分。G大阪は1勝1敗1分となった。

 先制点はG大阪が奪った。前半6分、左サイドで獲得したFKをFW宇佐美貴史が蹴ると、ニアで競ったDF吉田豊に当たってコースが変わったボールがクロスバーを直撃。跳ね返りをDF高尾瑠が押し込むと、さらにこぼれたボールをDF三浦弦太が蹴ると、クロスバーを叩いたシュートはゴールラインを越えたところに着地した。

 しかし名古屋は前節同様、先制点を奪われたあとに跳ね返す力をみせる。前半16分、右サイドのFKからゴール前の浮き球のこぼれを収めると、MFマテウスが右足でゴール左隅に流し込む。さらに同31分、右サイドを持ち込んだマテウスの横パスをFW金崎夢生が落とすと、MFガブリエル・シャビエルが最初のシュートはGK東口順昭に防がれたが、跳ね返りを蹴り込んで試合をひっくり返した。

 後半に入ると、連戦ということもあり、お互い早めの交代策をみせる。G大阪は後半16分、前節のC大阪戦後に左眼窩底骨折と診断されたにも関わらず先発していたFW小野裕二や宇佐美に代えて、パトリックやFW渡邉千真を投入。同26分にはJ1最多出場記録を更新したMF遠藤保仁を送り込み、同点弾を目指す。一方の名古屋は終、逃げ切りを図るべく、MFジョアン・シミッチやDF秋山陽介を投入して守りを固める。

 しかし後半アディショナルタイム2分だった。G大阪はエリア内に放り込まれたロングボールに競り勝ったFWパトリックが頭に当てて落とす。これをFW渡邉千真が胸トラップから右足ボレー。土壇場で劇的な同点弾となった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP