beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

吉田麻也、冨安健洋フル出場もチームはともに敗戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

競り合う吉田麻也

 DF吉田麻也の所属するサウサンプトンは8日、敵地でアタランタと対戦し、0-2で敗れた。後半30分にCKから失点すると、同40分にも再びCKから失点した。吉田は3試合連続のフル出場だった。なお、勝ったアタランタは9連勝。勝ち点を66に伸ばして暫定3位に浮上している。

 DF冨安健洋の所属するボローニャはホームでサッスオーロと対戦し、1-2で敗れた。2点ビハインドの後半アディショナルタイムにFWムサ・バロウのゴールで1点を返したが、反撃が遅かった。前節で連続フル出場が7で途切れていた冨安だが、この日は2試合ぶりのフル出場を果たしている。

 ボローニャは勝ち点41で10位。12日の次節は敵地でパルマと対戦。サンプドリアは同32で降格圏と勝ち点差5の15位。同じく12日の次節は敵地でウディネーゼと対戦する。

●海外組ガイド
●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP