beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ヤセル・アル・カフタニがアジア年間MVPに

このエントリーをはてなブックマークに追加
 AFCは28日、豪州・シドニーのホーデルンパビリオンでAFC年間アワードを行い、2007年AFC年間最優秀プレーヤーにアル・ヒラル(サウジアラビア)の同国代表FWヤセル・アル・カフタニを選出した。同選手はAFCアジアカップ2007大会で得点王を獲得するなど、同国の準優勝に貢献していた。
 2位はAFCアジアカップ2007大会MVPのヨウニス・マーモウドが、同3位はナシャト・アクラム(いずれもイラク代表)となっている。
 また、AFCアジアカップ2007の結果、イラクがAFC年間最優秀代表チームに選ばれた。
 アジア人監督を対象とするAFC年間最優秀監督にはウズベキスタン代表を率いたラウフ・イニレーフ氏(57歳)が選ばれた。
 AFC年間最優秀ユースプレーヤーにはU-20北朝鮮代表のキム・クミルが日本の森島康仁と柿谷曜一朗を抑えて受賞している。
 AFC年間最優秀クラブチームには、昨年のJリーグチャンピオンで、決勝でイランのセパハンを下して日本のチームとして初めて、AFCチャンピオンズリーグを制した浦和レッズが輝いた。
 AFC年間最優秀フットサルプレーヤーには今年大阪で開催されたAFCフットサル選手権大会で2度目の大会MVPに輝いたイランのヴァヒド・シャムサエーが、そして同大会で優勝したイランがAFC年間最優秀フットサルチームにそれぞれ選ばれた。
 そして、AFCフェアプレー賞には日本、AFC年間最優秀協会には中国と、いずれも東アジアの協会が受賞している。
(文 宝田雅樹)

TOP