beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

互角の好ゲームもスコアレス…湘南は今季初の勝ち点獲得、札幌は再開後の連勝ストップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
[7.12 J1第4節 湘南0-0札幌 BMWス]

 J1リーグは12日に第4節を行った。湘南ベルマーレ北海道コンサドーレ札幌の対戦は、0ー0で引き分けに終わった。次節は18日、湘南は敵地で柏レイソルと、札幌も敵地でベガルタ仙台と対戦する。

 開幕から3連敗の湘南は先発を3人変更。3-3-2-2の布陣を敷き、加入後初スタメンのMF茨田陽生をアンカーに、MF古林将太を右WBに、FW石原直樹を2トップの一角に起用する。

 一方、札幌は開幕節は黒星も、リーグ再開後は2連勝。3-4-2-1の布陣で、先発は2人変更しており、MF駒井善成とDF田中駿汰は今季初スタメン。駒井は負傷したFW鈴木武蔵の代わりに2シャドーの一角に、プロ加入後初スタメンのルーキー田中は3バックの中央に入った。

 前半は両者が積極的に攻撃を仕掛ける。湘南は前半4分、FW中川寛斗が中盤から超ロングシュートを放つも、わずかにゴール上に外れる。札幌も同8分、MF菅大輝が左サイドからアーリークロス。PA中央のFWジェイが頭で合わせるが、GK富居大樹にキャッチされた。

 持ち味を生かしつつ、両者は攻撃を続ける。札幌は前半30分、最後方の田中が鋭い縦パスで最前線へ。ジェイが収めて横パスを出し、MFチャナティップがシュートを打つが、ゴール枠外へと飛んでいった。その2分後、湘南は右CKからファーサイドにこぼれたボールを、石原直がジャンピングボレーで合わせるが、GK菅野孝憲にキャッチされる。

 札幌は前半36分、DF福森晃斗の左CKを田中がマークを押さえながらヘディングシュートも、富居に阻まれ、MF鈴木冬一にクリアされる。湘南はその1分後、右サイドの茨田のパスを受けた石原直が、左足ワントラップから右足シュート。コースを狙った弾道も、ゴール左ポストに直撃した。

 両者チャンスを作るも、そのまま0-0で前半を折り返す。ハーフタイムを挟み、札幌は4人を交代。チャナティップに代わり新加入FWドウグラス・オリヴェイラが初出場。さらに、DF進藤亮佑に代わりルーキーMF高嶺朋樹、MF深井一希に代わりルーキーMF金子拓郎、MF荒野拓馬に代わりMF宮澤裕樹を投入した。D・オリベイラと金子拓が2シャドーに、駒井は3バックの右CBに入っている。

 後半も互角の展開が続く。札幌は後半9分、後方からの浮き球パスを最前線のD・オリベイラが落とし、ジェイが左足ボレーでゴールを狙うも左ポストを強烈に叩く。湘南も直後に敵陣へ。相手のクリアをMF齊藤未月が拾って横にパス。茨田が持ち込んで右足シュートを放つが、菅野の好セーブに防がれた。

 湘南は後半12分に茨田に代えてMF松田天馬、中川に代えてFWタリクを投入。さらに同26分には古林に代えてDF大岩一貴、齊藤に代えてMF山田直輝が入った。札幌は同32分にジェイに代えてDFキム・ミンテを出場させ、3バックの一角に。駒井は再び2シャドーに移動している。

 湘南も後半39分に石原直に代えてFW指宿洋史を入れ、得点を狙う。しかし試合はそのまま0-0で終了。連敗ストップの湘南は今季初の勝ち点を獲得し、札幌は再開後の連勝が止まった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP