beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関東]王者・明治大に煌びやかな新星…期待の1年生FWが開幕2戦目で初ゴール

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW太田龍之介が大学リーグ初ゴールを奪った

[7.12 関東1部第2節 明治大2-1立正大 RKUフットボールフィールド A面]

 スーパールーキーの登場だ。明治大の勝利を決定づける3点目が生まれたのは試合終了間際の後半アディショナルタイム4分、MF藤原悠汰(3年=広島皆実高)の浮き球パスに反応したFW太田龍之介(1年=岡山U-18)が背負っていたDFを反転しながら外すと、左足を力強く振り抜く。ゴールネットが揺れると豪快なガッツポーズで喜びを爆発させた。

 王者・明治大にあって期待の1年生ストライカー。例年の明治大では選手層の厚さからなかなか1年生がトップチームに絡むことができないが、今年は開幕戦から4人がベンチ入り。レベルの高さを示す新入生の中でも太田は誰よりも早く試合出場を果たしていた。

 ルーキーが開幕2節目で残した結果に、指揮官も思わず目尻を下げる。栗田大輔監督は「太田は素晴らしい。2点目も絡んでいて、ボールを失わないし、しなやか。(得点シーンも)あそこでターンしてスーパーゴールだと思います」と絶賛。「明治が追及していることを早い時期に感じて勉強してくれれば、2年後3年後が楽しみだなと思います」と将来性にも太鼓判を押した。

 チームへの相乗効果も期待する。もちろん上級生が黙っているわけはない。今季初ゴールを奪いながらも太田と途中交代したFW佐藤凌我(4年=東福岡高)も「1年生が出て活躍することは刺激になる」とライバル登場を歓迎。「自分のきょうのプレーではレギュラーを取られてもおかしくない。そういった面では、もっともっと質を上げていかないといけない」を気を引き締め直した。

(取材・文 児玉幸洋)
●第94回関東大学L特集

TOP