beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

移籍後初アシストのサンプドリア吉田麻也、伊メディアも合格点「自信あるプレー」

このエントリーをはてなブックマークに追加

サンプドリアDF吉田麻也

 12日のウディネーゼ戦にフル出場したサンプドリア日本代表DF吉田麻也について、『ユーロスポーツ』イタリア版などが評価を下した。

 サンプドリアは12日、セリエA第32節においてウディネーゼと敵地ウディネで対戦。37分にFWケビン・ラザーニャに先制点を奪われたが、前半アディショナルタイムにFWファビオ・クアリアレッラのゴールで同点に追いついた。さらに84分、FWフェデリコ・ボナッツォーリのバイシクルシュートで逆転に成功。試合終了間際には、FWマノーロ・ガッビアディーニが追加点を決めて3-1と勝利を収めた。

 吉田は4試合連続で先発してフル出場。後半アディショナルタイムにはガッビアディーニの得点をアシストする活躍を見せた。イタリアメディアは、日本代表DFのパフォーマンスについて、及第点の「6」と採点。「試合序盤はラザーニャに対して上手く先読みしていたが、フリウリ勢(ウディネーゼのこと)のゴールのシーンは失敗だった。後半はビルドアップに渡るまで自信を持ってプレーしていた」と綴った。なおチーム内最高評価はボナッツォーリの「7.5」。最低評価はGKエミル・アウデーロらの「5.5」だった。

『トゥット・メルカート・ウェブ』の吉田に対する評価も「6」と合格点。「ラザーニャとのデュエルでフィジカル戦に負けて簡単に置き去りにされ、先制点を許した。試合終盤に正確なロングパスをガッビアディーニに供給し、勝利のアシストを記録した」と、日本代表DFのパフォーマンスをコメントした。このほか『スカイスポーツ』や『メディアセット』も及第点の「6」の評価を下している。

●海外組ガイド
●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP