beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ジダン、ついに我慢の限界「なんて質問だよ!」「毎日あなたは…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

怒りを露わにしたジネディーヌ・ジダン監督

 レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督がついに我慢の限界を迎えたようだ。スペイン『アス』が伝えている。

 残り2試合で2位バルセロナとの勝ち点差を4とし、リーガ・エスパニョーラ優勝に王手をかけているレアル。16日にホームで行われる第37節ビジャレアル戦の前日会見に臨んだジダン監督は、ある記者に対して怒りを露わにしたという。ピッチ外の問題行動などでたびたび退団の噂が取り沙汰されるFWガレス・ベイルに関する質問を受けた時だった。指揮官はこれまで溜め込んできた不満を吐き出すようにまくし立てている。

「彼はチームの一員だ。あなたが私のチームの間に摩擦を起こすことはできないよ。私たちはひとつだ。ピッチ外での騒動の後、ガレス・ベイルがこの夏にレアル・マドリーを去った方が、チームの雰囲気を良くすると思うか?」

「それは私には関係のないことだ。なんて質問だよ! 何が私に言えると言うんだ? 私たちは明日の試合のことを考えている。ガレス・ベイルもまったくもって同じことをしている。彼が考えているのは明日の試合のことだけだ。彼も私たちの1人なのだから。あなたは私たちの間にトラブルを生もうとしている。しかし、そんなことはこれからもできやしない。分かったか?」

「もうひとつ言うと、毎日あなたは同じ質問をしてくる。いいだろう。あなたにはその質問をする権利があるし、なんでも好きなような質問してくれてもいい。だが、最終的にそれ(チーム内の溝を深めること)は成功しないということを知ってほしい。私たちはひとつにまとまっている。そして全員がまったく同じことを考えている。ガレスやハメス(・ロドリゲス)も含めて、ここにいる全ての人々は同じ考え、同じ望みを抱いている」

 過去に同様の質問をされても冷静にいなしていたジダン監督。しかし、大一番に向けてチーム一丸になろうとしている時までも同じことが繰り返され、許すことができなかったのかもしれない。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

TOP