beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「トミヤスの傑作」「完璧なゴール!」欧州各国が冨安健洋のセリエA初得点に注目

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボローニャDF冨安健洋

 現地時間18日のセリエA第34節ミランvsボローニャで、日本代表DF冨安健洋が左足でミドルシュートを決め、セリエA初ゴールをマークした。試合は5-1とミランが大勝する結果となったが、1ゴールを決めた冨安に現地メディアはまずまずの評価を下している。

 イタリア『メディアセット』は冨安に対してチーム最高評価となる「6.5」を付け、ボローニャを次のように評した。

「(シニシャ)ミハイロビッチのチームは現在、具体的な目標を失っている順位におり、(ジャンルイジ)ドンナルンマを危険に晒すまでには至らなかった。そんな中、セリエA初ゴールとなったトミヤスの傑作により、唯一慰める要素を手にした」

 また、オランダメディア『voetbalprimeur』は冨安のゴールについて動画付きで「完璧なゴール!」と紹介。その中で「日本人DFがセリエAで初のゴールを決めた。この右サイドバックはミラン相手にゴール左上へと見事なシュートを決めてみせた。だがボローニャはこの試合、それ以上ネットを揺らすことができなかった」と伝えている。

 ペナルティエリア外から左足でセリエA初ゴールを決めた冨安健洋。イタリアではもちろんのこと、インパクトある左足でのファインゴールに国外からも脚光を浴びているようだ。

●海外組ガイド
●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP