beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

小柳ルミ子さん、バルサ監督交代訴え「は?!チャンピオンズリーグ前に辞めてくれよ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

バルセロナの熱狂的ファンの小柳ルミ子さん

 バルセロナの熱狂的ファンとして知られる女優で歌手の小柳ルミ子さん(68)が公式ブログでキケ・セティエン監督に苦言を呈した。

 バルサは新型コロナウイルスによる中断明けに失速。リーガ・エスパニョーラ第32節セルタ戦ではFWリオネル・メッシがエデル・サラビア助監督を無視したこと、試合後のドレッシングルームで選手と監督が激しい口論になり、選手たちがセティエンを批判したことが報じられた。

 チーム内に不協和音も広がる中、宿敵レアル・マドリーに逆転優勝を許したバルサ。小柳さんは「選手達と監督セティエン コーチサラビア 信頼関係が全くなかった」「私でさえリスペクトも愛情も全く感じなかった」と選手に寄り添い、指揮官を批判。

 さらに、セティエンが発したUEFAチャンピオンズ・リーグ(欧州CL)を見据えたコメントを引用し、「は?!チャンピオンズリーグ前に辞めてくれよ!」と監督交代を訴えると、「そう言う人間性だから選手達は辟易してたんじゃないんですか?」と苦言を呈した。

  小柳さんは宿敵レアルの優勝に悔しさをにじませつつ、「ジダンがベンチに座る姿殆ど見た事がない」「常に選手達を愛情を持って見つめ一緒に闘っているのだ!」と指摘。ジネディーヌ・ジダンとセティエンを対比し、指揮官としての姿勢を説いた。最後は「メッシ様 貴方には不動のポジションがあります どうか1人で責任を背負わないで下さい」と寄り添い、「大好きです 尊敬しています」とリスペクトを綴っている。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

TOP