beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“まるで宮本優太”。流経大柏はMF藤井海和主将が走って、背中で仲間を牽引

このエントリーをはてなブックマークに追加

流通経済大柏高MF藤井海和主将が中盤から飛び出してゴールへ迫る

[7.19 練習試合 流通経済大柏高 4-0 明秀日立高 流通経済大柏高G]

 試合終盤の体力的に厳しい時間帯で先頭に立って3度追い、4度追い……。1年時に「宮本優太君(現流通経済大3年)を越えられるような守備的なボランチになりたいです」と語っていたMF藤井海和主将(3年)は、目標とする先輩ボランチのように背中で流通経済大柏高(3年)を牽引した。

 40分×2本の練習試合では、1本目から前線の選手を追い越す形でスペースへ飛び出したり、FW森山一斗(3年)とのコンビネーションで右サイドを破ってゴールに肉薄したり、運動量を増やして色々な局面に現れていた。一方、守備面では相手のキックモーションを見てパスを読み切るなど、インターセプトを連発。球際の攻防でも“普段通り”に奮闘した。

 流経大柏では1年時からCBとして注目度を高め、今年の日本高校選抜でもCBとして起用されている。彼のように経験豊富で守れる選手を最終ラインに置きたくなりそうなものだが、榎本雅大監督は活躍した1年時の選手権同様に藤井を中盤中央に配置。「自分はピッチの中で一番余裕のある選手だと思っている」という藤井は、冷静に周囲の状況を把握しながら、誰よりも動き回ってゲームの流れを流経大柏にもたらしている。

 姿がダブるのは3学年上の先輩MF宮本だ。宮本は圧倒的な運動量でピッチの至るところに現れて味方をサポート。そして、幾度も相手ボールを奪い取って味方に繋いだ。そして、強烈なキャプテンシーを発揮。文字通り背中で流経大柏を引っ張り、インターハイ優勝、選手権準優勝へと導いている。

 背中で見せることは藤井もこだわっている部分だ。「自分でも意識して走っています。背中で見せるキャプテンというのがこのチームでは求められるので、そういうところで自分がならないといけないと思います」とコメント。宮本が守備時に見せていたような凄みはまだかもしれないが、藤井には読みの鋭さや攻撃の部分でも決定的な仕事ができるという特長がある。大黒柱のMFは「流経を勝たせる」という強い決意を持って、チームが苦しい時でも走り続ける覚悟だ。

 この日、存在感ある動きを見せた一方で、攻撃面の精度を欠いたことも確か。ビルドアップの部分や前に出る力は以前よりも成長しているが、まだまだレベルアップする必要性がある。また、明確に「今年は点を獲れるボランチになりたい」という目標を持つ藤井は、貪欲にその姿になることを目指していく。

 普段から連絡を取り合っているという青森山田高DF藤原優大主将(3年)が浦和入り内定。「シンプルに仲が良いので嬉しいです」と語った。同じく進路が注目されるが、Jリーグでの活躍、パリ五輪、将来の海外移籍も視野に入れる藤井はプロを第一に、大学進学も含めて熟考し、結論を出す考えだ。

 チームとしての目標は全国制覇。「早く選手権やりたいです」と微笑んだMFは、1年時の選手権決勝で敗れている青森山田や宮本の世代が全国決勝で敗れている前橋育英高などのライバルを破り、流経大柏を13年ぶりの選手権優勝へ導いて高校サッカーから卒業する。
 
(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2020

TOP