beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

鳥栖はFW石井快征がJ1初ゴールも…C大阪もMF坂元達裕がJ1初ゴールで痛み分け

このエントリーをはてなブックマークに追加

C大阪MF坂元達裕がJ1初ゴール

[7.26 J1リーグ第7節 鳥栖 1-1 C大阪 駅スタ]

 J1リーグは26日に第7節を行った。駅前不動産スタジアムではサガン鳥栖セレッソ大阪が対戦し、1-1でドロー。鳥栖FW石井快征とC大阪MF坂元達裕がそれぞれJ1初ゴールを決めている。

 鳥栖は前節に今季初得点も、清水エスパルスと痛み分けのドロー。今節で待望の今季初勝利を狙う。4-4-2の布陣で先発メンバーは3人変更。MF内田裕斗、FW豊田陽平、石井が起用されている。DF原輝綺がDFエドゥアルドとの2CBに、DF高橋秀人はMF松岡大起との中盤2枚に配置された。

 一方、同じく前節ドローの3位C大阪は首位追走を狙う。4-2-3-1の布陣で、FW柿谷曜一朗とFW豊川雄太が先発入り。豊川は1トップ、柿谷は左MFに入り、MF清武弘嗣がトップ下で起用されている。

 C大阪は精度の高いキックからゴールを狙う。前半14分、清武が中盤から浮き球パスを送り、PA内の豊川が背中を受けながら右足ダイレクトボレー。惜しくもゴール上に外れる。鳥栖も同20分に反撃。MF原川力のFKからファーサイドの高橋が落とし、最後は原が頭で合わせるが、GKキム・ジンヒョンにセーブされる。こぼれ球を豊田が押し込むがDF松田陸のブロックに阻まれた。

 鳥栖がハイプレスで前線からボール奪取を狙い、C大阪はプレスをパスでかわしつつ攻め立てる。両者ゴールを狙うも、前半は0-0のまま折り返した。

 C大阪は前半途中で足を痛めた柿谷に代えて、DF片山瑛一を投入。エース交代で不穏な空気が流れたところで、鳥栖に先制を許してしまう。

 鳥栖は後半6分にカウンター。右サイドを原川が突破し、大きくクロスを上げる。ファーサイドのFW小屋松知哉がトラップしてPAライン上に落とすと、石井が左足ダイレクトでシュートを放ち、冷静にゴールに突き刺した。育成組織出身の石井は、2種登録時の2018年5月9日のルヴァン杯グループステージ第5節・V・ファーレン長崎戦で得点済み。しかし、J1リーグでは初ゴールとなった。

 鳥栖は後半23分、得点を決めた石井に代えて大卒ルーキーFW林大地を投入。追いかけるC大阪も後半25分に3枚カードを切る。DF丸橋祐介、清武、豊川を下げ、DF小池裕太、MF奥埜博亮、FW鈴木孝司が入る。すると、C大阪がチャンスを掴む。

 C大阪は後半30分、最後方でゆっくりとパスを回すと、DF木本恭生が攻撃のスイッチとなる縦パスを通す。中盤の鈴木が収めて落とすと、坂元が受けて左足を一閃。ゴール右隅に突き刺さり、モンテディオ山形から加入した期待のレフティーが移籍後初ゴールを挙げた。

 最後まで激しい攻防が続くも、試合はそのまま1-1で終了。鳥栖はまたしても今季初白星ならず、C大阪も2試合連続のドローとなった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP