beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

名古屋、小西社長とフィッカデンティ監督の声明を発表「改めて脅威を実感しています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

マッシモ・フィッカデンティ監督が声明を発表

 名古屋グランパスは26日、選手やトップチームのスタッフに新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを受け、小西工己代表取締役社長とマッシモ・フィッカデンティ監督が声明を発表している。

 名古屋は25日にDF宮原和也の、26日にはMF渡邉柊斗とトップチームスタッフ1名の陽性が判明。26日夜にJ1第7節・サンフレッチェ広島戦が予定されていたが、Jリーグは中止を決定していた。

 クラブは公式サイトを通じ、小西社長とフィッカデンティ監督の声明を発表。ファン・サポーターに向けて、メッセージを送った。

以下、全文

マッシモ・フィッカデンティ監督
「Jリーグの定めるガイドラインとプロトコルを基に明確な行動規律を設定した上で、日々チームに関わる全選手、スタッフ、関係者が細心の注意を払いながら取り組んできた中で残念ながらこのような状況になりました」

「この状況下においてまず安全を最優先に位置づけ、対戦相手であるサンフレッチェ広島、Jリーグ、運営に関わる全ての方々の理解のもと、試合を延期するという判断がなされたことに感謝いたします。」

「これだけ細心の注意を払いながら日々過ごす中でも、新型コロナウイルスに感染してしまうことがあるという現状を目の当たりにし、改めて脅威を実感しています。ファミリーの皆さまも更なる感染症対策に努めていただくようお願いいたします。」

「今この時点で、私たちがするべき対応と処置を強い責任感を持って行うことに全力を尽くし、次節柏レイソル戦へ向けて取り組んでまいります」


・小西工己代表取締役社長
「本日の明治安田生命J1リーグ第7節『サンフレッチェ広島対名古屋グランパス』の中止に関しまして、この日のために安心安全なスタジアムを整え、試合開催に向けてご準備されてきたサンフレッチェ広島の選手・スタッフの皆さま、並びにエディオンスタジアム広島やご自宅などでご観戦を楽しみにされていたファン・サポーターの皆さまに対しまして、心よりお詫び申し上げます」

「また、Jリーグのあるかけがえのない週末を心待ちにされていたサッカーファミリーの皆さまに、ご心配をおかけいたしましたこと、重ねてお詫び申し上げます」

「試合前日の罹患者の発生という、我々も初めて経験する状況の中で、Jリーグの掲げる「試合を成立させる」ことを果たせなかったことは心苦しい限りではございますが、Jリーグの定めたガイドラインやプロトコルに従って対応を進めてまいりました。リーグ関係者および専門家の皆さまのご支援に心より感謝申し上げます」

「最後に、新型コロナウイルス感染拡大の状況下において、その最前線で戦ってくださっている医療従事者、行政機関、エッセンシャルワーカーの皆さまに改めて御礼申し上げます」

「心の底からの感謝を胸に、8月1日(土)『名古屋グランパス対柏レイソル』に向けて、最善を尽くしてまいります」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP