beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

集合時検査で選手1名に陽性反応…U-19代表合宿中止も反町委員長「誰とも接触はしていない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

オンラインブリーフィングを行った反町康治技術委員長

 日本サッカー協会(JFA)は1日から5日まで千葉県内で予定していたU-19日本代表候補トレーニングキャンプを中止すると発表した。

 JFAによると、1日のキャンプ集合時に参加者全員に対して実施したSmartAmp法およびPCR検査の結果、選手1名から新型コロナウイルスの陽性反応が認められたという。これまでのところ当該選手に発熱等の体調不良の症状はなく、今後は保健所の指示に従って対応していくとしている。

 当該選手以外の検査結果は全員陰性で、これまでのところ他の参加者らから体調不良等の報告はなく、保健所により、参加者に濃厚接触者はいないことも確認されているという。

 1日夜にオンラインブリーフィングを行った反町康治技術委員長は選手集合時の状況について「全員が一緒に集合するのではなく、各自が一人でホテルまで来ている。ホテルに着いてからは監督やコーチとも挨拶せず、すぐに部屋に入って、部屋で(検査用の)検体を取っているので、誰とも接触はしていない」と説明した。

 今回新たに取り入れたSmartAmp法については「検体を取ってから1時間弱で陰性か陽性か分かる」と説明。「今日の(午前)10時前後に各部屋で検体を取り、同時間にPCR検査の検体も取った」。昼前にはSmartAmp法の結果、選手1名に陽性反応が出たが、「1回ではということで陽性反応が出た選手に関しては2回、3回と再び(SmartAmp法を)行った。しかし、残念ながら陽性だった」という。午後6時前後にPCR検査の結果も陽性と判明した。

 その時点で保健所と連絡を取り、陰性が確認された他の選手たちは当該選手と接触していないことから濃厚接触者とは認定されなかったが、最終的に反町委員長が合宿の中止を決断した。

「ガイドラインに従うと、陽性の選手を含めずに陰性の選手だけで練習をすることは不可能ではない。ただ、昨今の感染拡大状況を踏まえた中で、慎重に慎重を期さないといけない。そう(合宿中止)せざるを得ないのではないかと私が判断した」

 なお、今合宿に招集されたのは26選手だったが、この日は合宿初日ということもあり、全選手が集合したわけではないという。実際に集合し、検査を受けた人数などは非公表。反町委員長は「このカテゴリは大学生もいるし、クラブに所属している選手もいるので、ここではコメントすることができない」と理解を求めた。

TOP