beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

これぞエース!! オーバメヤン2発で逆転勝利!! チェルシー下したアーセナルが3年ぶり14度目のFA杯制覇

このエントリーをはてなブックマークに追加

チェルシーを下したアーセナルがFA杯制覇

[8.1 FA杯決勝 アーセナル2-1チェルシー]

 FA杯カップ(国内杯)決勝が1日に行われ、3年ぶり14度目の優勝を狙うアーセナルと2年ぶり9度目の頂点を目指すチェルシーが対戦。前半6分にFWクリスティアン・プリシッチの得点でチェルシーが先制するも、同28分と後半22分にFWピエール・エメリク・オーバメヤンがゴールを決めたアーセナルが2-1の逆転勝利を収めた。

 試合開始早々の前半6分に試合を動かしたのはチェルシーだった。中央をドリブルで上がったプリシッチが前線へ駆け上がるMFメイソン・マウントへスルーパスを供給して、自らはゴール前に走り込む。マウントの折り返しをFWオリビエ・ジルがヒールで流すと、ボールを受けたプリシッチが巧みなタッチでコースを作り出し、右足のシュートで先制点となるゴールを陥れた。

 1点のビハインドを背負ったアーセナルは前半25分、MFダニ・セバジョスが打ち込んだ縦パスをMFエインズリー・メイトランド・ナイルズ、オーバメヤンがつなぎ、FWニコラス・ペペが鮮やかな左足シュートを突き刺すが、これはオフサイドの判定に取り返される。しかし直後の同26分、PA内に侵入したオーバメヤンがDFセサル・アスピリクエタのファウルを誘ってアーセナルがPKを獲得すると、オーバメヤンがきっちり沈めて試合を振り出しに戻した。

 前半35分にはチェルシーをアクシデントが襲い、負傷したアスピリクエタがプレー続行不可能と判断されてDFアンドレアス・クリステンセンとの交代を余儀なくされる。さらに1-1で迎えた後半開始直後の同2分には自陣から独走してフィニッシュまで持ち込んだプリシッチが負傷。スタッフの肩を借りながらピッチを後にし、FWペドロ・ロドリゲスが投入されることになった。

 すると後半22分にアーセナルが勝ち越しに成功。自陣から一気の加速でボールを運んだDFエクトル・ベジェリンのドリブルはクリステンセンにストップされるも、こぼれ球をペペが拾う。ペペからPA内左でパスを呼び込んだオーバメヤンが、対面したDFクルト・ズマをキックフェイントで外し、距離を詰めたGKウィリー・カバジェロをあざ笑うかのようなチップキックでゴールを陥れてスコアを2-1とした。

 さらに後半28分にはMFマテオ・コバチッチがこの日2度目の警告を受けて退場し、1点を追うチェルシーが数的不利に陥ってしまう。数的優位に立ったアーセナルに追加点こそ生まれなかったものの、チェルシーの反撃を許さずに逃げ切って2-1の逆転勝利。3年ぶりにFA杯を制し、来季のヨーロッパリーグ出場権を獲得した。

●プレミアリーグ2019-20特集
●FA杯2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

TOP