beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ギュンドガン、チェルシー加入のベルナーに言及「同僚の多くが聞いてきた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツ代表でチームメートのFWティモ・ベルナー(左)とMFイルカイ・ギュンドガン(右)

 マンチェスター・シティのMFイルカイ・ギュンドガンは、FWティモ・ベルナーらが加入した新シーズンのチェルシーを警戒している。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』が報じた。

 チェルシーは今夏に積極補強を敢行。ベルナーやMFハキム・ツィエクといったタレントが加わり、レバークーゼンからカイ・ハベルツを獲得する可能性も伝えられている。ギュンドガンはドイツ代表で同僚のべルナーについて「シティの誰もが彼のことは知っている。チームメイトの多くはどんな人なのか聞いてきたよ。リスペクトに値するね」と話した。

 また、プレミアリーグ上陸の可能性もあるハベルツについても言及。高く評価していることを明かした。

「僕の意見では、彼の能力はミヒャエル・バラックよりも上だ。バラックは前世代の選手で、カイとはピッチ上での振る舞いが違うね」

 今夏にバイエルンへの移籍が決まったMFリロイ・サネについては「前日に教えてくれた。ブンデスリーガでタイトルを取っていないことが移籍の動機になったようだ」と話している。

●ブンデスリーガ2019-20特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP