beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

元独代表FWクルーゼのウニオン入りが決定!遠藤渓太らに続く今夏8人目の獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加

元ドイツ代表FWマックス・クルーゼがウニオン・ベルリンへ

 元ドイツ代表FWマックス・クルーゼウニオン・ベルリン入りが決定。先日、期横浜F・マリノスから期限付きで日本代表MF遠藤渓太を加えたクラブが現地時間6日に発表した。

 昨シーズンはトルコのフェネルバフチェでプレーしていたクルーゼだが、同クラブとの契約をサラリー未払いを理由に解消。昨夏までキャプテンを務めていたブレーメンに復帰する可能性が取りざたされていたが、ブンデスリーガで250試合出場し74ゴール68アシストを記録した32歳のベテランアタッカーは今夏すでに7人の選手を他クラブから迎えているウニオンを新天地に選んだ。

 クルーゼは新クラブの公式ウェブサイトで「またブンデスリーガでプレーすることができ、ウニオンといったここ数年素晴らしい発展を見せた、クールな新しいクラブと知り合えることができて幸せ。僕にとって大事だったのは、僕を完全に説得させ、チャレンジとなるクラブに移籍することだった。ウニオンの責任者たちとの話し合いではすぐさま好感触を得たため、ウニオンを選んだ」と決断を説明しつつ喜びを表した。

 なおドイツA代表では14キャップ記録したクルーゼにとって、ウニオンは2度在籍したブレーメン、ザンクト・パウリ、フライブルク、ボルシアMG、ボルフスブルクに続く国内での6クラブ目。メディカルチェックは7日に控え、それを通過すれば正式に契約を締結する予定。契約年数については今のところまだ明かされていない。

●ブンデスリーガ2019-20特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP